So-net無料ブログ作成

雨山峠から鍋割山 [山登り]

このところ晴れ間が長続きしないお天気が続きます。
今日も、朝のうちは晴れていましたが、午後からは厚い雲が張り出してきました。

昨日、久しぶりに山に出かけました。

今回は同行者があり、前の職場において仕事関係にあった若い友人です。

天気予報によると関東地方はまずまずのお天気なのに、神奈川県西部は雲が多くはっきしない空模様とのことでした。
新松田に向かう小田急線の車窓から見ても、重苦しい厚い雲が垂れ込めていて、丹沢の主稜は完全に雲の中です。
酷い雨にならなければいいなと祈りつつ、寄行きのバスに乗りました。
バスは登山者でほぼ満員。終点の寄まで一度も停車することなくさながら直行便のようでした。
その登山者のほとんどは栗ノ木洞経由で鍋割山に登るか、ジダンゴ山に向かい、車道を歩いて寄大橋まで向かったのは私たち二人だけ。
どうやら静かな山行が望めそうです。

寄大橋までの車道、約3kmを黙々と歩いていきますが、犬を連れた散歩の人以外、こちらに向かって歩いている人は皆無でした。車も二台が走っていったきり。
確かにお天気は今一つですが、秋の行楽シーズンの土曜日とは思えない状況です。

寄大橋は工事中でした。
nabewari01.jpg
ここの駐車スペースには数台の車が止まっていました。

寄自然休養村管理センターです。
nabewari02.jpg

寄沢沿いの林道をしばらく行くと、滝郷の滝があります。
寄沢を右岸にわたって見物しました。
nabewari03.jpg

林道の突き当りから指導票に導かれて雨山峠への登山道に入りますl。
nabewari04.jpg

寄沢を右へ左へと渡りながら登ると、右岸に這い上がったところに釜場平があり、ベンチもあります。
nabewari05.jpg
nabewari06.jpg

そこから尾根を渡り、右にコシバ沢を分けると雨山峠まではもう少し。
寄沢本流の源頭あたりから雨山峠までは素敵な滑床が続きます。
nabewari07.jpg
ガスっていて小雨も降っていましたから写真はあまり良く撮れていませんが、ガスの中の雰囲気もなかなかのものでした。

ここから鍋割峠までが、本日のハイライト。
鎖場が連続する急登となります。
ガスと雨で足場も悪く、写真の写りも今一つだったため、鎖場の写真は撮れませんでしたが、それほど悪いわけではありません。
ただ、こういう悪天候時には体力の消耗が激しいのでその点だけは注意が必要です。

鍋割峠に到着。
nabewari08.jpg

ここから急登しばしで鍋割山に到着です。
nabewari09.jpg
これまでの静かな山行とは大違いの大混雑ぶりでした。
「名物」の鍋焼きうどんも飛ぶように売れているようですが、きっと大変な待ち時間がかかることでしょう。
我々は、山頂付近の喧騒を避けて小屋の裏側に回り、昼食をとりました。

天気が良ければ塔ノ岳に登って大倉尾根を下ろうとも思いましたが、眺望も全くなく小雨そぼ降る状況でしたので、後沢乗越経由で二俣に降りることにしました。
こちらの道は鍋割山へのメインルートですから、予想はしていましたが大変な数の登山者が押し寄せてきます。
もちろん下る人もいるので、丹沢らしい混雑が続き、そのさなかを淡々と下りました。

後沢乗越では大勢の中高年男性登山者がたばこを吸って大休止をしています。
挨拶をしてそのまますり抜けました。
暫く下って、後沢乗越を振り返ります。
nabewari10.jpg

ここから大倉までは、またまた静かな山歩きとなりました。
二俣からの林道歩きには少々うんざりさせられるものの、人がいないのは最高ですね。
歩いている途中でトリカブトの花を見つけました。
nabewari11.jpg

大倉のバス停に着くと、やはりものすごい人だかりです。
メインルートは、きっとかなりの混雑だったことでしょう。

鍋割山という、表丹沢でも屈指の人気を誇る山でも、ルートによっては静かな山行が楽しめます。鍋割山までの登りで出会ったのは4パーティだけでした。

一緒に登った若い友人は、少林寺拳法の有段者で、日頃からトレーニングも欠かさないとのこと。
おかげで、非常に良いペースを保つことができ、先の4パーティも含め、出会ったすべてのパーティを追い抜いてしまいました。
休憩を含めて全行程で6時間の山歩きとなりましたが、久しぶりに充実した山行となり、若い友人も大満足の様子。
これでまた仕事を頑張れます!と嬉しい感想を述べてくれました。

nice!(21)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 21

コメント 12

夏炉冬扇

管理センター、勤務している方がうらやましいですね。
by 夏炉冬扇 (2016-10-24 18:50) 

月夜のうずのしゅげ

ガスがかかるとまた一段と雰囲気が出ますね。
by 月夜のうずのしゅげ (2016-10-24 20:58) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
管理センターでの勤務。
おっしゃる通り、私もうらやましく思いました。
by 伊閣蝶 (2016-10-24 22:34) 

伊閣蝶

月夜のうずのしゅげさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございました。
小雨と霧はあいにくですが、これもなかなか味わいがあって、実は私は結構好きなのです。
雨の中の登山も捨てたものではないな、と。
by 伊閣蝶 (2016-10-24 22:36) 

tochimochi

久しぶりの山行ですね。
丹沢は雨も降りましたか。
紅葉シーズンですから登山者もすごかったのでしょうね。
でもさすがによくルートをご存じで、静かな歩きを楽しめたようで何よりです。
トリカブトも久しぶりで見ました。
でも写真がないところを見ると紅葉には早かったのでしょうか。

by tochimochi (2016-10-24 22:49) 

のら人

若い友人様?
もしかして、このツインテールの女の子ですか? 
だとしたら、凄い!!! ^^
ヤドリギから、良い道を選択されましたね。
もう少しで丹沢も紅葉です。楽しみですね。 
by のら人 (2016-10-25 21:45) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんばんは。
丹沢はまだ紅葉には早く、雨も降っていたのでその点は残念でしたね。
それでもメインルートはだいぶ混んでいたようです。
今回のルートは、車道や林道歩きが少し長いためか敬遠されているのでしょう。
ルートも分かりにくいところもありますから。
とにかく静かだったのはありがたいことでした。
by 伊閣蝶 (2016-10-25 23:46) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
はい、仰る通り、この女性が若い友人です。
まだそれほど山の経験はありませんが、仕事もひたむきで人間的にも素晴らしい子です。
丹沢の紅葉は11月以降が本番です。
その頃、また出かけてみようと思います。
by 伊閣蝶 (2016-10-25 23:49) 

謎のじじい

ご無沙汰しております。
ライフワークの充実ぶり、羨ましい限りです。
話は変わりますが、日曜日の夜に、NHKTVでウィーンフィルの10月の来日公演を放送しておりました。
その中の小澤征爾指揮のシューベルト(本来、あまり趣味ではないのですが)未完成の出来が素晴らしくて感動しました。
小澤征爾については、人によって評価の分かれるところですし、それは曲によっても同様ですが、やはり偉大な指揮者だと再認識させられました。
by 謎のじじい (2016-10-26 08:06) 

伊閣蝶

謎のじじいさん、こんにちは。
こちらこそご無沙汰いたしております。
お変わりございませんか、先日、ようやく職場がお変わりになったことを知りました。
小澤指揮のウィーン・フィルは、いろいろと評価が分かれているところですが、「未完成」でそれほど素晴らしい演奏がなされたとは驚きです。
「未完成」は、曲そのものにいろいろと問題もありますので、ポピュラーな割に難しい曲だと思っています。
聴き逃してしまったのは残念至極です。再放送を待ちたいと思います。
by 伊閣蝶 (2016-10-26 12:31) 

いっぷく

トリカブトとすぐに気づかれたのですか。
私は花はさっぱりなので、たぶん、というより絶対
気づかなかったと思います。
by いっぷく (2016-10-27 01:24) 

伊閣蝶

いっぷくさん、こんにちは。
トリカブトの花は独特の形をしていますから、やはり目につきますね。
ただ、この時期、ヨメナのような野菊類の花は多く見かけますが、トリカブトは珍しいかもしれません。
私も、花屋に売っているような花は名前も良くわかりませんが、山野に咲く花は結構好きなので名前などは自然に覚えました。
by 伊閣蝶 (2016-10-27 12:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0