So-net無料ブログ作成

箱根旅行 [日記]

三月になり、沈丁花の花も咲き始め、あの甘やかな香りを運んでくれる季節となりました。
それでも、時折冬の寒さがぶり返し、さすがに三寒四温の時期を痛感させます。
そろそろ鶯の声も聞こえてくる頃なのでしょうが、残念ながら私の周辺ではまだまだのようです。
仕事が終える18時頃、残照の中を駅に向かうとき、さすがに陽が長くなったなと感じますが。

さて、いささか古い話なのですが、二月の終わり、急遽土曜日に休みが取れることになったので、連れ合いと一緒に旅行に出かけました。
土曜日の休みが決まったのがその一週間前だったので、果たして旅館の予約が出来るのか不安でしたが、案の定、名のあるホテルや旅館は一杯。
JTBなどの割当枠もなかったので、これは難しいかなと思っていたところ、だめもとでじゃらんで検索をかけるたら、なんと「山のホテル」に一部屋空きがありました。
このホテルに関しては、連れ合いが前から泊まってみたいと言っていたこともあり、箱根旅行に行こうと考えた当初から検索をかけていたのですが、早くから満杯の状況。
恐らく、一週間前というタイミングでキャンセルなどが出たのでしょう。誠にラッキーといわざるを得ません。
宿泊料金はかなりの値段でしたが、すぐさま予約をしたのでした。

当日、余り時間に縛られたくなかったので車で出かけたのですが、なんと箱根新道で事故が発生し、午前中は通行止とのこと。
やむを得ず御殿場ICから乙女峠を越えた行ったのですが、余り顕著な渋滞にも巻き込まれませんでしたから、これは正解であったのかもしれません。

山のホテルのとなりには箱根神社があり、私はこれまで何度も箱根に行ったことがありながら、この神社に参拝したことがなかったので、ホテルにチェックイン後、早速出かけました。
hakone01.jpg

思いのほか、たくさんの人出がありました。
hakone02.jpg

神社への参拝を済ませたあと、連れ合いがずっと行きたいと思っていたという「サロン・ド・テ ロザージュ」に立ち寄りました。
芦ノ湖の湖畔にせり出すような絶好の立地で、山のホテルの付属施設のようです。
果たせるかな、かなりの人気で、順番待ちとなりました。
それでも、美味しい紅茶にケーキ、そして素晴らしい雰囲気を味わうことが出来、満足。
こういうゆったりとした時間を過ごすのはいつ以来のことだろうかと、ついつい芦ノ湖方面に遠い眼差しを送ってしまったところです。

山のホテルは、三菱財閥の四代目当主・岩崎小彌太の別荘がもとになっています。
それだけにロケーションは最高で、その雰囲気を大切に守ってきたという歴史を感じさせられました。
大浴場も、非常に落ち着いた雰囲気で、洗い場に個々の仕切りが設けられているなど、細かなところに神経が行き届いています。
食事はもちろんいうに及ばず、というところです。
夕食はもちろん、通常のホテルなどではバイキングみたいなものでお茶を濁される朝食に関しても、非常にサービスが行き届いておりました。
「ホテルライフ」などというものにはあまりなじみのない私ですが、できれば長時間をこのホテルで過ごしてみたいなという想いに駆られ、なるほどこのことをいうのだなと実感した次第です。

翌日は成川美術館に赴きました。
連れ合い共々お気に入りの美術館の一つで、収蔵作品ももちろんですが、休憩スペースからの眺めも素晴らしいものがあります。
hakone03.jpg
雲の多めなお天気でしたが、折よく富士山の姿を望むことが出来、これも大満足!

この美術館では、基本的に展示作品の写真撮影を認めています。
もちろんストロボの使用や自撮など、他人に迷惑の及ぶような撮影は御法度ですが、こういうおおらかな対応もお気に入り。
堀文子や森田りえ子といった「女流」の日本画家の競演も誠に見事なもので、こうした力作が一堂に会する機会はそうはありますまい。

また、平山郁夫・東山魁夷・加山又造・山本丘人といった日本画の大重鎮の作品も公開されていて、誠に見応えがありました。

それらの重鎮に並んで、この美術館との関わりの深い高橋新三郎氏の大作も展示されていたのですが、彼が好んで描いていた富士山の絵の即売会が行われていました。
私は絵画も大好きで、美術館や画廊を巡ったりするのも楽しみの一つです。
しかし、自分で絵を持とうとは余り思わず、我が家にある絵は、渓流釣の友人が描いた岩魚の水彩画と、従兄の知人が個展を開いた際にせっかくだからと購入したパステル画があるのみでした。
そんな私ではありましたが、何だか出会いのようなものも感じ、せっかくだからと富士山の絵を購入。
hakone06.jpg
めでたく我が家における三つ目の「アート」の座を占めることとなったのでありました。

今回の旅行では、二人でそれなりのお金を使ってしまいました。
一人一泊で30000円を超えるようなホテルに泊まるのはそれこそ20年ぶりくらいのことで、奇しくもそのときの宿泊先が箱根富士屋ホテル。
同じ箱根だったのだなと思い返しつつ、やはりお金にはかえられないサービスの質というものがあるものだと感じています。
いまはどうなのかわかりませんが、その折の箱根富士屋ホテルのサービスも誠に見事なものだったと、鮮烈に記憶しております。

いつもなら一泊二食付きでも10000円未満の宿を選んでしまうところを、今回は「清水の舞台から飛び降りる」覚悟でハイクラスな宿に泊まり、その延長で絵まで買ってしまった。
我ながら何と大胆なことかと苦笑を禁じ得ません。

それはともかくとして、ふと感じたことがあります。
冒頭にも書きましたように、このクラスのホテルはこの時期でも週末は予約でほとんど満杯でした。
私たちが泊まれたのもキャンセルなどの一瞬の隙間にうまくはまったからにほかなりません。
一方、湯快リゾートや大江戸温泉物語といった格安の宿も、週末などの予約はかなり困難なようです。
その割に、ちょうどその中間辺りに位置する価格帯の宿には比較的空室もあるらしく、つまりここでも消費傾向の差別化が進んでいるということなのでしょう。
クラス感のある対象か、それとも激安か。
消費性向は結構明確に分かれてきていますが、その辺りにこれからのマーケット戦略の方向性も見えてくるようで、なかなか興味深いものもありますね。

ところで、久しぶりの箱根旅行だったこともあり、その関連から、井上靖氏の短編小説集「愛」の中に収録されている「結婚記念日」を思い出してしまいました。
この小説は、妻を亡くした夫の回想の形で、つましい生活をしていた二人のささやかな箱根旅行の顛末が描かれています。
戦後の苦しい生活の中でもあり、新婚旅行などにはもちろん出かけることもなかった二人が、当時流行っていた懸賞金付きの定期預金で一万円(小説に描かれているのは昭和25年頃ですから、恐らく二ヶ月分くらいの月給にあたるのではないかと思われます)が当たったため、その半分を結婚記念日の旅行に充てようと考えたものです。
ちょっとほろ苦く、しかも、金銭的に厳しい時代をそれなりに生きて来た私たち世代には大いなる共感も呼ぶ内容で、車の中でその話を連れ合いにしながら、二人で「うーん、わかるなあ」などと盛り上がったところです。
nice!(24)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 24

コメント 12

夏炉冬扇

ご夫婦仲良しが一番です。
by 夏炉冬扇 (2017-03-12 18:32) 

tochimochi

優雅な旅行を満喫され、羨ましい限りです。
30000の宿泊代に加えて絵も購入とは、これもびっくりです。
でもそれに見合うサービスと食事で満足されたとのことでよかったです。奥様の前からのご希望が叶ったのも何よりです。
>クラス感のある対象か、それとも激安か
私もたまにはそういう選択をしてみたいですが、どうしても後者になってしまいます ^^;
by tochimochi (2017-03-12 22:21) 

いっぷく

コメントありがとうございました。
私も先祖が福島の人間なので、 お気持ちはよくわかります。
by いっぷく (2017-03-12 22:42) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
夏炉冬扇さんのお宅も、ご家族が大変仲睦まじいご様子で、すばらしいことだなと存じます。

by 伊閣蝶 (2017-03-12 22:52) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんばんは。
行き帰りは自家用車で、昼飯はSAのラーメンと、結構セコいところはセコく立ち回り、連れ合いには白い目で見られました(^^;
私自身はかなりの貧乏性で、通常は確実に「激安」に走ります。
そんなわけで今回の特別度合いは突出したものでした。
by 伊閣蝶 (2017-03-12 22:56) 

伊閣蝶

いっぷくさん、こんばんは。
いっぷくさんのご先祖様も福島でいらっしゃいましたか。
記事を拝見し、非常に胸に響いたのですが、そういうつながりもあったのかと感じております。
by 伊閣蝶 (2017-03-12 22:58) 

九子

ああ、箱根、いいですね!実はまだ芦ノ湖まで足を伸ばしたことがありません。伊閣蝶さんがいらっしゃった行程をそのまま、いつか辿りたいと思います。お金が溜まったら。(^^;;
by 九子 (2017-03-13 00:20) 

伊閣蝶

九子さん、こんにちは。
箱根はどうしても混み合っているイメージが強いのですが、いろいろなところを短時間に回れるという利便性は優れています。
機会がございましたら、是非ともご来訪ください。
by 伊閣蝶 (2017-03-13 12:25) 

のら人

山のホテルは子供の時に親に連れられ宿泊した記憶があります。
まだ小学生だったと思いますが、上質なホテルだった記憶があります。
自分は年金を貰えるようになるまでは、休日はテント暮らしを基本にする予定です。^^;
by のら人 (2017-03-13 16:29) 

伊閣蝶

のら人さん、こんにちは。
そうでしたか、山のホテルにご宿泊のご経験がおありだったのですね。
小学生と多感な時期とのことで、感慨深いものがあります。
私も正直に申し上げれば、幕営の方がしっくりきます(^_^;
年金もあまり期待できそうもありませんが。
by 伊閣蝶 (2017-03-14 12:16) 

ぼんぼちぼちぼち

なるほど、激安か高級か両極に人気が集まるのでやすね。
格差社会、明らかに現実の状況として見えてきているのでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-16 20:58) 

伊閣蝶

ぼんぼちぼちぼちさん、こんばんは。
これは恐らく消費全般に渡っての傾向だと思います。
中途半端なものにお金を費消することに、かなりの人たちが慎重になっている、ということでしょう。
それほどのステイタスを必要としないものに関しては激安、自分にとってお金をかける価値のあるものにはそれなりの出費を受け入れる、そんな傾向が見えてくるようです。
ある意味での格差社会、といい得るのだろうと思います。
by 伊閣蝶 (2017-03-17 23:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0