So-net無料ブログ作成
検索選択

ご無沙汰致しました [日記]

今年の夏の厳しい暑さも、8月下旬に入って少し落ち着いてきたように思います。
しかし、陽はだいぶ短くなり、涼しさの到来とともに、若干の寂しさも感じさせられます。

ひと月ぶりのブログの更新となりました。

入院以来体調を崩していたとか、そういう具体的な理由があったわけではないのですが、やはり気力の減退のようなものを感じ、何事につけ積極的な対応が面倒臭くなっていた、というのが正直なところです。

今年に入ってから今まで、私はまともな山に登っていません。
半年以上も山に登らないというのは、少なくとも小学生の頃以来、未だかつてなかったことでした。
理由の一つは連れ合いの病気で、ある程度安心できるまではリスクの伴う行動を自粛すべきと考えてきたことにあります。
さらに矮小的な理由として、昨年に二回起こしてしまった足の肉離れと、右足指の突き指(結局、骨にヒビが入っていたようです)があり、加えて10か月以上に及ぶしぶとい五十肩の痛み(左肩)、などの身体的問題もありました。
特に、昨年12月に起こした二度目の肉離れ(右大腿部裏側)は、リハビリを目論んでの山行の下山時に起こしたものであり、精神的な意味での衝撃もかなりのものでした。
その後は、近くの里山などにトレーニングがてら出かけたりはしましたが、まともな山歩きに対する一種の恐怖心が沸き起こり、退職と再就職という人生の節目に伴うバタバタもあって、遠のいてしまったわけです。
五十肩で左腕が上がらず、力も入らなかったこともあって、ボルダリングジムでのインドアクライミングもお預け。
今こうして振り返ってみても、全くひどい状況ですが、よくよく考えてみれば、矮小とは書いたものの、すべては私自身の肉体的・精神的な荒廃によって引き起こされたものです。
情けない限りですね。
山登りは、私の精神的な支えの大きな一つの要素でありましたから、こちらが後退することによって、なんともう一つの大きな柱である音楽関連までもが後退してしまうていたらくとなってしまいました。

この二つが、ブログの記事を書くモチベーションの元になっていましたから、当然のことながらブログも停滞。
こうなると、停滞している自分の姿を認めたくない気持ちが大きくなるものか、ソネブロそのものから遠ざかってしまうようになります。
正に絵に描いたような悪循環ですね。
つまり、過失負傷満身創痍気力減退時折痛飲翌日宿酔体調不良人生曲角紆余曲折心機一転突然腹痛内科入院自信喪失停滞厭世諸行無常、といったところでしょうか(なんのこっちゃ)。

などと、かなり非生産的な愚痴を書いてしまいました。

こんな中ではありましたが、日々の暮らしの中にはそれなりにイベントもありました。

8月の初めに八ヶ岳山麓の実家に帰省したところ、父が大切に育てているという朝顔が立派に育っていました。
asagao2015.jpg
普段あまり自慢などはしない父が、繰り返し「どうだ、朝顔がきれいだろう」というので、それだけで私もうれしくなります。
実際、夏の陽射しを受けて咲く朝顔の瑞々しい青さは感動的でもありました。

トレーニングがてら出かけている自宅近くの里山ではヒマワリが満開。
himawari.jpg
これまた、夏を力いっぱい感じさせてくれます。

また、この際だからと、少し周囲の物品整理をしました。
CD-ROMが不調のノートパソコン、ブック型の古いプリンタ、SCSI接続のポータブルCD−Wデバイス、β対応のビデオタイトラー・テロップ編集機、カセットテープベースのミキサー等々、使わなくなって押入の場所塞ぎになっていたものを近所のハードオフに持ち込んだり、CDの整理をしたり。
ハードオフへの持ち込み物品の買い取り価格は全部で700円程度でした。
それなりに愛着のあるものばかりでしたから、値段的には残念な部分もありましたが、もしかすれば誰かに再利用してもらえる可能性もあるのであれば、そのまま廃棄するよりも有効かなと、思っています。
CDの整理は、いつかはやらなくてはならないと考えておりました。
だぶっている演奏のCDなどもありましたから、折りをみて実家に持ち帰ろうと思っています。
それにしても、結構な枚数になっていて、自分ながらに呆れました。
ブログにアップする題材にはしばらく事欠かなそうな気配です。

それから、これも私としては結構大きな決断でしたが、携帯電話を更新しました。
現在使っているガラケーに、基本的な操作面での不満はありませんでしたが、内蔵カメラのピントが甘くなっていることと、料金面でもう少し検討の余地があるのではないかと考えたのです。
従って、一般的なスマホのプランは料金面で最初から問題外。
ガラケーのプランは近くのショップでは扱っていなかったので、4G-LTEという、AQUOS Kを使ったスマホライクのプランにしました。
様々な割引を使うと、ひと月の利用料金は2800円弱となり、現在のガラケーよりも安くなるようです。
ただし、ネット利用は従量制なので、使いすぎるととたんに料金が上がりますから、これは注意が必要かなと。特に、スマホライクということになれば、アプリの更新など、ネットからのダウンロードも頻繁に発生することでしょう。
その点が心配だったのですが、ありがたいことにwi-fi環境に対応しており、自宅に無線LANシステムがある場合は、そちらを優先してネットに接続できるようです。
私は格安SIMを利用してタブレットを使っていますので、それも利用できます。
実際にどれほどの利用料金が発生するのか、来月の請求を見てみないと分かりませんが、うまく使えば現在よりもコストが削減できるかもしれません。
筐体はガラケーと同じですから、ネットのブラウジングにはちょっと不便かなと思いましたが、タッチクルーザーEXという機能がついていて、ポインタの移動・クリック、画面のズームなどにも対応していますから、この点もありがたい仕様でした。

ところで、更新の動機の一つであった内蔵カメラですが、画素数などが飛躍的に向上しています。
因に、新しい筐体で撮影した、近くの里山の風景はこんな感じです。
zike201508.jpg
ブログに掲載するため、画面サイズを縮小しましたので、あまり代わり映えはしませんが、フォーカス性能などもかなり改善されているようですね。

携帯電話を変えたのは6年ぶりのことで、新しい筐体にはまだなかなか慣れていません。
それでもやっぱり新しいものを手にするとワクワクしますね。

もう一点、着信音にmp3やamrなどの音楽ファイルがそのまま利用できます。
ガラケーのときは、自分で着メロを作る際、mmfとかpmdのようなファイルに変換しなければならなかったので、これも便利ですね。