So-net無料ブログ作成

丹沢大山南尾根 [山登り]

金木犀の香りが漂い始めました。黄金色の可憐な花がたくさん咲いて、あの甘い香りを放っています。
街路のイチョウは、たくさんの銀杏の実を落とし、これまた独特の臭いを醸し出していて、秋の深まりを感じさせますね。

今年は、敬老の日と秋分の日との絶妙な配置によって、5連休というこの季節では大変ありがたい休日を得ることができました。
次の5連休は11年後とのことですから、正に類稀な長期連休なのですね。
しかも、全国的にお天気に恵まれました。
高速道路や鉄道などは激混みだったようですが、連休の好天では、誰だって出かけたくなろうというものです。それに、お彼岸でもありますから。

そんなわけで、このシルバーウィーク中の21日、リハビリもかねて丹沢に出かけました。

9月5日の谷川岳で懲りたので、今回はできるだけ人の少ないところに行こうと思い、久しぶりに大山南尾根をターゲットに設定。
8時過ぎ、秦野駅のバス乗り場に行くと、「ヤビツ峠」方面は長蛇の列。「蓑毛」方面に並んでいる人は10人にも足りません。
oominami01.jpg
以前は、蓑毛行きの方が多く運行されていたと思うのですが、蓑毛行きを一本待つ間にヤビツ峠行きは2本も運行。
このあたりの様相もずいぶん変わってきたようです。
ヤビツ峠行きはギュウギュウ詰の満員で発車していますが、蓑毛行きはガラガラ。ゆったり山行を企図した私としてはありがたい限りです。

蓑毛から春岳沢に沿って車道を歩き、蓑毛越への分岐で足ごしらえ。今回は地下足袋で歩きます。
大山裏参道は静かな道で、整備された緩やかな道が続きます。
oominami02.jpg
途中、ところどころに道標があります。
ここが蓑毛越。
oominami03.jpg
大山南尾根を南にたどります。

携帯電話の基地局など、南尾根には様々な構造物が建造されていますから、東京CCあたりまでは道もきれいに整備されています。
oominami04.jpg
こういう写真を撮るのもちょっと複雑な想いがありましたが、秋の青空が何とも美しく、ついつい撮ってしまいました。

東京CCへの車道を横切り、高取山方面への山道に入ると、「大山古道」と書かれた看板がありました。
oominami05.jpg

しばらく行くと、不動明王の像があります。以前、この尾根を歩いた時には見かけなかったので、比較的新しいものなのでしょう。
oominami06.jpg

そこからひと登りで高取山に到着。

余り展望には恵まれない南尾根の中では、比較的良い展望を得られます。
oominami07.jpg

以前は、ここから吾妻山を経て鶴巻温泉駅に下ったり、弘法山を抜けて秦野駅に出たりしたのですが、今回はちょっと趣向を変えて聖峰に向かってみました。
のっけから急坂の下りが続きます。200mくらいの標高差を一気に縮めるので当然といえば当然なのでしょうが、これを登りに採るのはかなり大変かもしれません。
そのかわり、展望はかなり開けています。
oominami08.jpg

聖峰は広々とした大地となっており、立派な社がありました。
oominami09.jpg

ここからはこの日一番の展望が広がりました。
oominami10.jpg

さすがにお彼岸の時期だけあって、曼珠沙華がきれいに咲いています。
oominami11.jpg

そこから九十九曲がりという急坂を降りると、林道に出て栗原の集落に到着します。
ここで地下足袋を脱ぎ、運動靴に履き替えました。

車道をだらだらと下っていくと東名高速道路の下をくぐり、国道246号の神戸に突き当たります。
神戸からは伊勢原方面へのバスの便もありますが、一時間に一本程度のようですので、距離的近い鶴巻温泉駅に向かいました。
2kmくらいの歩きになりますが、246を桜坂まで行き、そこを左に曲がれば一本ですから、非常にわかりやすい道です。

肉離れの方は、もうほとんど問題はありませんが、左腕の五十肩の痛みが慢性化しており、腕を使うヴァリエーションルートにはまだちょっと対応できそうにありません。
そんなわけで、このような軟弱山行となりましたが、このコースは、どこに行っても人だらけの丹沢の中では稀有の静けさを保っています。
実際、途中で出会ったのはトレランの方を含めて10パーティもありませんでした。
朝方、ヤビツ峠行きの満員バスに乗っていた夥しい登山客のことを思えば、嘘のような静けさです。
あの登山客の人たちは、恐らく、コンピラ尾根から大山か、表尾根から塔ノ岳に向かったのでしょう。それらの尾根筋の混雑具合が目に浮かぶようです。
大山南尾根は、構造物がかなり目につく、眺望があまり効かない、単調な登り下り、下山後の車道歩き、などといった欠点も確かにありますが、人ごみにもまれてメインルートを登るよりははるかに精神的に楽なのではないでしょうか。
以前、トレーニングを兼ねて、この南尾根を辿って大山に登り北尾根を下ったことがありますが、これは実に充実した山行となりました。大山山頂付近の喧騒と、札掛からの林道歩きには閉口しましたけれども。

さて、初秋の山歩きということで、少しばかり「獲物」も探してみました。
しかし、目につくのはドクベニタケとかカキシメジやクサウラベニタケといった危ないシロモノばかりで、ドクツルタケもありました。
そんな中、わずかに二本だけでしたが、タマゴタケをGET!
豚肉と一緒に炒めて、ビールのつまみに美味しくいただきました。
このタマゴタケを、ゴミを取って新聞紙の上に広げておいたら、連れ合いがケータイで写真を撮り、友達に「ダンナがこんなあぶなそうなキノコを採ってきた」とメールに添付して送信。
友達から「くれぐれも中毒しないよう気を付けて」という返信が来、それを私に報告するという、実に人を馬鹿にした振る舞いをしやがりました。
というわけで、タマゴタケは私だけが美味しく頂戴したところです。

nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

久しぶりの山歩き [山登り]

秋雨全然に台風の影響などで、関東地方はこのところずっと雨続きです。
八月の下旬からずっとこんな感じで、その折のテレビのお天気コーナーでは、こうしたお天気は2003年以来、という趣旨のことを話していました。
ほほう、と思い、私のメインサイトの雑記でその頃の記事を読み返してみると、長梅雨に打ち続く台風の襲来、そして冷夏と長雨でうんざりしていた当時の記憶が蘇ってきました。
その雑記の記事によれば、それ以前は1993年に似たような気象状況だった模様で、10年周期くらいでこうしたお天気が襲来するということなのかもしれません。
そういえば宮澤賢治の「グスコーブドリの伝説」でも、ブドリたち一家を離散させた酷薄な低温・飢饉が再びやってくるのは17年後という設定になっていましたね。
野菜も高くなっていますし、お米の収穫にも影響が出るのでしょうか。心配な限りです。

さて、そんなお天気が続いていましたが、先週の土曜日は久しぶりの青空が望めました。

以前の職場での仕事関係の知人から、「一度、谷川岳に登ってみたい」とのオファーを受けていて、それなら夏休みが終わった直後の土曜日がいいかもしれない、休み明けだからそんなに混んでいないだろうし、ということで6月の終わりくらいから計画を立てておりました。
前の記事にも書きましたが、今年に入ってから全く山に登っていませんでしたので、リハビリを兼ねるのもちょうどいいかな、と思っていたのです。
幸い、連れ合いの具合もだいぶ安定してきましたので、実行に移しました。

その土曜日がおあつらえ向きの晴天。同道した知人ら共々「日ごろの行いの良さ」を言い募りつつ水上に向かいました。
朝の5時30分に彼らを拾い、東名→圏央道→関越と車を走らせたのですが、ほとんど渋滞もなく、8時30分には谷川岳ロープウェイ駐車場に到着。
そうなのです。何とも軟弱なことに、ロープウェイで天神平に出て天神尾根を往復するというプランなのでした。
知人たちは山登りの素人なので、さすがにのっけから西黒尾根などに連れて行くわけにもいかず、最も安全かつ楽勝なこのコースを選んだのです。
このコースから谷川岳に登るのは6年ぶりのこと。
谷川岳には何度も登っていますが、このルートを使ったのはその時が初めてでした。
余りの楽勝ぶりにちょっと驚いたのですが、とにかく人が多くて閉口したことを思い出します。
夏休みが明けた直後の週末を選んだのも、そのあたりならさすがに人出も少なかろうと踏んだからでした。

しかし、そんな思い込みは、駐車場に入った瞬間に打ち砕かれました。
ものすごい数の車が駐車されていたのです。
まいったなあ、と思いつつ身支度を整えてロープウェイの乗り口にいくと、そこは意外にも空いており、待ち時間もなしで乗ることができました。
それでも、天神平駅は登山者でごった返しており、先が思いやられます。
大勢の登山者の後にくっついて熊穴沢避難小屋を目指しました。
稜線に出ると、幕岩や俎倉方面が眺められます。
tanigawa01.jpg

登山道に設置されている木道や木の階段で、ちょっと足元の悪い個所に来ると、その都度渋滞が起こるほどの人出。
2009年に登った時は天神平から1時間30分足らずで肩の小屋に登りついたのですが、今日はどうやらそんなわけにはいきそうにありません。
熊穴沢避難小屋を過ぎて登りが急になると、ますます混んで渋滞が発生します。
tanigawa02.jpg

下から眺めてもうんざりするほどの登山者の数でした。
tanigawa03.jpg

ようやく肩の小屋につきましたが、小屋の周辺もものすごい人だかりで、昼食をとるのも一苦労。
さらに、トマの耳とオキの耳も大混雑!
山名表示板の前も、記念撮影をする人たちが順番待ちをしている有様です。

名にし負う悪天候の谷川連峰。昼過ぎからはガスが去来し、気温もぐっと低くなってきました。
それでも時折オジカ沢の頭方面の眺望が開けます。
tanigawa04.jpg

あまりの人出に気疲れしたのは知人たちも同様で、そそくさと頂上を後にします。
しかし、予想されたことではありますが、下りはさらにひどい状況になりました。

山を歩きなれていない人たちにとって、下りは登りよりも苦手なことが多いのですが、ちょっとした岩場の段差を下るのですら時間がかかってしまう。
足場の良くないところに長時間いること自体ハイリスクなことなのに、見ていると一歩が踏み出せない人がかなりいるのです。
後ろからプレッシャーをかけるのは危険なので、私たちも極力ゆっくり降りることにしました。

ようやくの想いで熊穴沢避難小屋に着くと、登ってくるときには気が付かなかったのですが、いわお新道方面の注意書きがありました。
tanigawa05.jpg
そういえば、水害で谷川温泉方面の道路が決壊したりした、という話を聞いていましたから、その影響もあるのかもしれません。

余計な気を遣いながら登った影響もあるのか、ようやく天神平に下りついた知人たちの疲労もかなりのものがありそうです。
それでも、谷川岳に登れて良かったと言ってくれたのには、私も安堵しました。

帰り道、せっかくなので、土合駅に立ち寄りました。
tanigawa06.jpg
私にとっては非常に懐かしい場所です。

名物(?)である462段の階段。81mの高低差を埋めています。
tanigawa07.jpg
上野発の上越線夜行列車に乗って、重荷を背負いながら、この階段を何度登ったことでしょう。
今でもその頃のアルバイトを思い出します。

さて、久しぶりの山歩きでしたが、このルートがこんなにひどい状況になっているとは思いもしませんでした。
私の見通しの甘さもありますけれども、連続する雨天の中にポカリと開いた土曜日の晴天ゆえに、多くの登山客が押し寄せた、という事情もあったのかもしれません。
中高年登山者は言うに及ばず、山ガールや山ボーイ、そして家族連れ(4~5歳くらいの子供を連れている)で、登山道はごったがえし。
登り優先や危険箇所での先入先出のような山の常識などは完全に打ち捨てられていました。
さらに、岩場における強引な追い越し、岩場の途中での団体による写真撮影など、目を疑うような光景が展開されます。
ペースの遅い団体が後ろから登ってくるパーティに先を譲るのは、これも常識だと思っていますが、ほとんど顧みられません。
遅い人たちが自らに日没時間切れなどのリスクに身をさらすのは勝手ですが、それにほかの登山者を巻き込むのは勘弁してほしいところ。
だからといって一般登山者でごった返す岩場での危険な追い抜きは、重大な事故を誘発する虞がありますから、許される行為ではないと思います。
中には、ダブルストックを振り回して岩場の追い抜きをする高齢登山者もいました。
この人が山慣れていて登るペースも速い、というのであればまだしも、ぜいぜいと息を切らしながら登っていて、岩場以外の上り坂では一気にペースが落ち、後続に抜かれいるのですから、いったい何を考えているのか。
勝手な想像ですが、自分のペースで動きたい、と思っているのでしょうね。もしかするとそういうわがままが許される職場だったり家庭で生活してきたのかもしれませんが。

なんだか、久しぶりの山歩きというのにぶつぶつと愚痴ばかり書いてしまいました。
私自身、いわゆる○○名山的な山には、ここのところとんとご無沙汰でしたので、まさかこんな状況になっているとは思いもしなかったのです。
肉離れの後遺症や左の五十肩、膝の痛みなどがある中で、どれだけ歩けるのか多少不安もありましたが、左ひざの嫌らしい痛みと五十肩には悩まされたものの、一番懸念していた肉離れの後遺症は大丈夫でした。
連れ合いの具合もだいぶ良くなってきていることもありますし、そろそろ「空いている」山に出向こうかなと、改めて思っているところです。

それから、こういうひどい状況ではありましたが、ゆっくり歩くというトレーニングを図らずもできたことは、ある意味では正解でした。
ボッカ訓練などをしていた頃の先輩のアドバイス。
「ボッカ訓練で一番大切なことは、ゆっくり歩く技術を身に着けることだ。重い荷物を担ぐ筋力の増加は二次的なもの。ゆっくり歩くということは、それだけバランスを意識するということで、そこを念頭に置くように」。
これを久しぶりに思い出し、いらいらする気持ちを抑えつつ、むしろ悪い足場で待たなければならないシチュエーションを生かしながらゆっくりバランスを意識して歩くことを考えてみたところです。
ほとんど人気のない山を、早いピッチで歩いておりましたから、その意味からすれば、(あくまでも反語的ではありますが)良い経験になったと考えています。

しかし、いわゆる百名山には、よほどのことがない限りもう出向くことはないと思います。
その意味でも、「良い勉強」になりました。

nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ