So-net無料ブログ作成
検索選択

ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」演奏会 [音楽]

気温の変化が著しくなっています。
今日は、朝から気温が上がらず、最高気温は13度でした。

あいにくのお天気でしたが、久しぶりのコンサートに連れ合いと出かけてきました。
missasolemnis.jpg

国分寺チェンバーオーケストラ創立20周年記念コンサートです。
演目は次の通り
  1. C.M.v.ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」序曲、Op.77
  2. l.v.ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス、Op.123

指 揮:坂本徹
独 唱:石井朝菜(S)、北条加奈(A)、中嶋克彦(T)、小笠原美敬(B)
合 唱:東京クラシカルシンガーズ
管弦楽:国分寺チェンバーオーケストラ

(もう一昔以上前のことですが)ともにJ.S.バッハの「マタイ受難曲」を歌った合唱団の先輩が、現在、東京クラシカルシンガーズに所属しておられ、そのつながりからご招待いただいたのです。
精力的に合唱を続けておられることだけでも脱帽ですが、ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」のような超難曲にチャレンジされていることには、本当に心の底からの尊敬を禁じ得ません。

ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」は演奏時間80分になんなんとする大曲で、私は恥ずかしながら、実演で聴くのは今回が初めての経験です。
レコードで聴くときにもある程度心して臨まなければならないほどの曲ですから、どのような演奏になるのか、始まる前から期待に胸を躍らせていました。

演奏会の始めの曲であるウェーバーの歌劇「魔弾の射手」序曲。
大変ポピュラーな曲ですから、却って演奏も大変かなと思います。
しかし、滑り出すような弦の響きが会場を満たされると、その艶やかで美しい音に心を奪われました。
この楽団では、基本的に楽器はモダンピッチのものを使っておられるそうですが、その精神はピリオド演奏重視ということで、古楽的で清冽な響きを醸し出しています。

古楽的演奏ではヴィブラートを使わない、という定説めいた迷信が横行しているようですが、もちろんそんなことはありません。
しかし、和声の響きとアンサンブルの繊細さを紡ぎだすために、団員の皆さんはヴィブラートを極めて抑制的に使っていました。
ヴィブラートを使わずに音を安定的に出すのは相当な技術と感性が必要で、このオーケストラの実力のほどが、冒頭から感得されたものです。
ただ、残念なことにホルンをはじめとした金管楽器の音がかなり不安定で、プログラムを拝見したところ、賛助出演の方が担当しておられました。
アマチュアのオケにとって、管楽器や打楽器、特に金管楽器奏者を確保するのは大変なことだと聞きます。
以前も書きましたが、普通の勤め人では「アクティブなウインドオーケストラなどに所属しつつ管弦楽団にも参加、ということでは、とても時間の工面がつかない」ということなのです。
実力のある管楽器奏者は、より高いレベルの演奏を目指して吹奏楽に特化した活動に勤しむことになる。
そうした活動で得られる充足感こそ何物にも代えがたい、ということなのでしょう。

また、特に金管楽器は、練習場所の確保に四苦八苦します。
多摩川の河原などでトランペットなどの金管楽器を練習する人を、以前は結構見かけたものですが、住宅などが増えてくるとそれもままならない。
一番気が楽なのはカラオケボックスなのだ、という話もあります。正に宜なるかな、ですね。

話がそれてしまいましたが、そんな環境の中で、こういったプログラムに挑戦しようという気概には感動を禁じ得ません。

休憩後はいよいよ本日のメインイベントである「ミサ・ソレムニス」です。
この曲は、ベートーヴェンの最大のパトロンであったルドルフ大公のオロモウツ(オルミュツ)大司教就任に合わせて1819年頃から作曲が計画されたもの。
ベートーヴェンは大公に対し、「殿下の就任を記念する式典で、私の荘厳ミサが演奏される日は、わが生涯のうち最も輝かしい一日となることでしょう」という書簡を送っています。
大公のオロモウツ大司教就任は1820年3月のことでしたが、ベートーヴェンの構想があまりに膨らみすぎてしまったためか、結局就任式には間に合わず、遅れること2年の1822年春先に完成。翌1823年の3月に大公への献呈を果たしたのでした。
Kyrie、Gloria、Credo、Sanctus/Benedictus、Agnus Dei、と、テキスト自体はオーソドックスなミサの典礼の様式を備えていますが、Gloriaに「ah!」という感嘆文を付け加えたり、Credo以降の歌詞の取り扱いが著しく変わっていたりと、そこはベートーヴェンらしい独自の創造性が見られます。
この曲の特徴は極めて精緻で大規模なポリフォニーにあり、それはある意味、バッハのロ短調ミサをもしのぐ部分があると思われます。
同じように合唱が活躍する「第9」などもそうですが、繰り広げられる二重フーガ(特にCredo)の壮大さには驚きを禁じ得ませんね。
いずれにしても、余りにも荘厳でかつ余りにも演奏が困難な曲であったためか、ウィーンにおける1824年の初演(このとき同時に「第9」も初演)の際には、Kyrie、Credo、Agnus Deiの三曲のみの演奏に留まったそうです。
結局、全曲が演奏されたのは1830年のことで、ベートーヴェンが亡くなって既に3年が過ぎておりました。

楽曲に関する詳細は煩瑣になりますので省きますが、とにかくこの曲において合唱の果たす役割はかなり大きく、また過酷なものです。
私はもちろんこの曲を歌ったことなどありませんが、「第9」におけるベートーヴェンの合唱への恐るべき要求には困惑しましたので、それをさらに過酷にしているこの曲に挑んだ東京クラシカルシンガーズの皆さんには、心より敬意を表したいと思います。
実際、合唱は本当に素晴らしく高いレベルにありました。
もちろん、国分寺チェンバーオーケストラの演奏も素晴らしく、Benedictusでのコンサートマスターによる独奏ヴァイオリンの演奏にはため息をついたほどです。

もう一つ、観客が大変素晴らしく、魔弾の射手の時もミサ・ソレムニスの時も、フライング・ブラボーやフライング拍手などは一切ありませんでした。
演奏が終わって、指揮者の手が下におろされるまで、観客はその入魂の熱演の余韻に浸っていた、そんな風に感じました。
きっとこの楽団は、根ざした国分寺での活動の中で、観客との奇跡的な共感をこれまで営々と築き上げてきたのでしょう。
そんな素晴らしい結びつきをもまた強く感じさせてくれました。

このことに関して、入場の折に配布された、国分寺チェンバーオーケストラからの「ご協力のお願い」を紹介します。
本日はご来場いただき、まことにありがとうございます。
国分寺チェンバーオーケストラでは「未就学児の入場はお断りします」と謳っておりません。これは、小さなお子様たちにもわたしたちの音楽を届けたいという団員総意によるものです。しかし残念なことに、ごく一部のお子様の発する声が気になるというご指摘が毎回見受けられます。
わたしたちは今日の2時間の演奏のために、半年間、ほとんど毎週の練習を繰り返してきました。音を一つひとつ吟味して積み重ねていくという地味な繰り返しです。そして今日、ホールという空間にその響きが現れ、すぐに消えていきます。この一瞬の響きをお客さまと共有するためには、お客さまのご協力が欠かせません。
いい演奏会を、一緒につくっていただけないでしょうか。
また響きのいいホールでは、演奏中にプログラムをめくる音やアンケートを記入する音なども意外に大きく聞こえるものです。咳もハンカチを口に当てるだけで、その音はかなり軽減されます。今ひとたびのご配慮をいただきたくお願い申し上げます。

これには納得ですね。
実際に、演奏中の異音は全く感じませんでしたから、この「お願い」は観客と完全に想いが一致しているのでしょう。
良い試みだなと感心しました。

ところで、当日のプログラムによるミサ・ソレムニスの楽曲紹介は次の通りです。
ウェーバーの「魔弾の射手」がドイツロマン派の始祖だとしたら、ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」は古典派の完成形と言えるでしょう。時代はすでにロマン派に移行しつつありましたが、古典派の様式を用いて音楽史上の金字塔と言える作品を作りました。古今のミサ曲でも、ジョスカン・デ・プレの「ミサ・パンジェリンガ」やヨハン・ゼバスティアン・バッハの「ロ短調ミサ」に勝るとも劣らない傑作です。

バッハの「ロ短調ミサ」に並べて、ジョスカン・デ・プレの「ミサ・パンジェリンガ」を古今のミサ曲中の傑作としているところに、このオーケストラの矜持を見るような気がして、大変痛快でした。

nice!(25)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

雨月物語 [映画]

しばらく続いていた爽やかな秋晴れも、どうやらこのあたりで一服となりそうな気配です。
ふと気づくと、街路の公孫樹の葉がずいぶん黄色くなっていました。
ツワブキの花も今が盛りという感じです。
tuwabuki.jpg

読書の秋にちなんでいるわけでもないのですが、先日、ふと本棚にある「雨月物語」を手に取りました。
「雨月物語」は、いうまでもなく上田秋成の短編怪異譚集(「蛇性の婬」のみは中編)です。
上田秋成は国学を突き詰めた学者でもあり、一代の美文家でもありました。
久しぶりに通読して、例えば「白峯」などにおける壮大で絢爛たる表現に打ちのめされたり、「夢応の鯉魚」の諧謔にうならせたところです。
二十歳代前半の頃は「吉備津の釜」の生々しくも恐るべき展開に息を飲んだものですが、還暦も間近になった現在、むしろ「菊花の約(ちぎり)」の惻惻たる文章に心を奪われるようになりました。
従弟の元に幽閉され、重陽の佳節(9月9日)に帰り来るとの約を果たすすべなき赤穴宗右衛門は、「いにしへの人のいふ 人一日に千里をゆくことあたはず 魂よく一日に千里をもゆくと 此ことわりを思ひ出で みづから刃に伏し 今夜陰風に乗りて遥々来り菊花の約に赴く」のですが、その、宗右衛門が幽界の者となって丈部左門のもとを訪れる下りを次のように表しています。
もしやと戸の外に出て見れば 銀河影きえぎえに 氷輪我のみを照して淋しきに 軒守る犬の吠ゆる声すみわたり 浦浪の音ぞここもとにたちくるやうなり 月の光も山の際に陰くなれば 今はとて戸を閉てて入らんとするに ただ看る おぼろなる黒影の中に人ありて 風のまにまに来るをあやしと見れば 赤穴宗右衛門なり

難しい表現を一つも用いずに、実に淡々と綴られていますが、何という深い文章かと、改めてため息をついてしまいました。いうまでもなく、この肝のような文章表現を必然とさせる物語が確りと底流を支えているからこそ成り立つものに外なりません。

雨月物語は、江戸時代後期(18世紀後期)に書かれたものですからもちろん文語調ですが、非常に読みやすい文章(樋口一葉の小説や森鴎外の「舞姫」を読むことができれば大丈夫)ですし、その呼吸を感得するためにもやはり原文を読むのが一番良いと思います。
因みに、ネットを検索したら、原文を掲載しているサイトがありました。

日本古典文学摘集(雨月物語)

さて、雨月物語といえば、1953年に製作された溝口健二監督の映画がとりわけ有名なのではないでしょうか。


映画「雨月物語」は、「浅茅が宿」と「蛇性の婬」を題材として、依田義賢が溝口監督との壮絶なディスカッションの上で脚色した作品です。
上田秋成の雨月物語は、中国の白話小説から題材を得て日本的に翻案されたものが中心であり、先の二つもその例から逸するものではありません。
依田さんは、この二つを融合することにより、通り一遍の怪異譚には終わらない日本的情感に溢れた美しくも切ない物語を作り上げました。
物語の構成は「浅茅が宿」を中心に置き、戦乱に巻き込まれて妻の元に帰れなくなった夫の挿話に「蛇性の婬」を入れるというもの。
唯一の中編小説である「蛇性の婬」は、見目麗しい美女「真女児」の姿を借りた大蛇が、見初めた大宅の豊雄を執拗に追い回し、折伏しようとした法師を取り殺すなど、それこそ大立ち回りを演ずる物語であり、何よりもその「真女児」は次のごとき淫奔極まりない妖魔とされています。
此邪神は年経たる蛇なり かれが性は淫なる物にて 牛と孳みては麟を生み 馬とあひては龍馬を生むといへり 此魅はせつるも はたそこの秀麗きに奸けたると見えたり

牛とつるんで麒麟を生み、馬とつるんで龍馬を生む、というのですから、正に国津罪「牛婚(うしたはけ)」「馬婚(うまたはけ)」の権化みたいな邪神ですね。

しかし、映画「雨月物語」に登場する若狭は、織田信長によって滅ぼされた朽木家で、愛も恋も知らずに虚しくなった姫君という設定になっています。
取り殺されるという結末からいえば、真女児も若狭も同じことではありましょうが、肉欲本位に執着する前者と生あるうちには叶わなかった女としての愛の喜びを得たいと願う後者とでは格段の差があるようにも思います。

そして、「浅茅が宿」の宮木の設定。
原本では、夫愛しさのあまりに幽霊の身となってもその姿を現そうとする女心の切なさが主体となっておりますが、映画では、帰ってきた夫の元に一人息子を誘い、安らかに寝付いた夫の身の回りの世話までするという、妻というよりは母のような存在として描かれています。
宮川一夫による驚嘆すべきラストシーンカメラワークは正にその宮木の視点を表すものであり、幽霊というよりもむしろ二人を見守る慈母神のような存在に昇華していました。

派生作品が原作を超える、ということは往々にしてあることではありますが、この映画「雨月物語」は、正にその典型的な例ではないかと思います。
中国の白話小説に端を発した怪異譚から、日本固有ともいうべき祖霊信仰の姿にまで持って行った溝口健二と依田義賢両氏の慧眼と才能には驚きと感動を禁じえません。

それでも、世の中にはこうした翻案に異を唱える人も少なからず存在します。
そのことについて、依田さんは自著の「溝口健二の人と芸術」の中で、次のように喝破しています。
この映画が出てからある学者の方から映画の『雨月物語』は古典をけがすものであると、きついお叱りをうけましたが、秋成が中国の原典から、まったく別の彼のものをたてたように、わたしたちが、秋成から彼のイメージをもとにして、別のものを作ったとしても秋成の作は、少しも汚したことにはならないと思います。次々とたくさんなイメージを持たせるものが凝集していることで、雨月物語は、古典として絶品だといえるのではないではないでしょうか。原典と秋成との間のディスタンスこそが、彼の偉大さを意味するわけで、この場合原典は触媒に過ぎないでしょう。同様に、わたしたちがアダプトすることは原作におもねる事ではないと思います。適応した時には既に別なものが生まれて作られてゆくのです。
シナリオライターはいつもそんな立場に立たされますが、現代にも強い共感と豊富なイメージを与えてこそ、古典といわれる所以であり、これが歴史の生命だとさえ思っています。

文化や芸術というものが、過去から未来に向かって滔々と流れる大河の上に創造されていく、という理が胸に浸み込むような言葉だと思いました。

さて、そんな名作映画ではありますが、モーパッサンの「勲章」から着想して挿入されたという、藤兵衛と阿浜をめぐるシーンには違和感を禁じえません。
特にラストで、阿浜に許しを乞うた藤兵衛が鎧・冑・具足などを川に投げ捨てる下りは、それまでの物語の展開からすれば信じられないほど大甘なのではないか。
貧しい生活から抜け出して立身出世を果たすため、止める阿浜を振り切って命がけの行動を貫き、結果として侍大将まで上り詰めた藤兵衛が、遊女に身をやつしていた阿浜と「偶然に」出会ったことをきっかけに、その全てを擲ってしまう。
これはちょっとあり得ない展開なのではないでしょうか。
溝口監督と依田さんの当初の構想では、遊女宿で藤兵衛に出会った阿浜は、その身を恥じて井戸に身投げをして果てる、というものであったそうです。
これは、ラストは明るい展開にしろ、という大映本社からの強い要請を受けたもので、依田さんは「シナリオのきびしい構成からすると、このラストは蛇足になるので、見苦しくつけ足された形になって、わたしはたまらなくいやでした(前掲書)」と述懐しておられます。

いろいろと書きましたが、この映画は、美術・演技・音楽など全般にわたって能の様式を大々的に取り入れた嚆矢のような作品となりました。
特に早坂文雄さんの音楽が、その後の日本映画の音楽演出に残した功績には多大なものがあり、「雨月物語」と「近松物語」の音楽があったからこそ、「切腹」や「怪談」の音楽を書くことができた、と武満徹さんは仰っています。
これは啻に映画音楽のみならず、「ノヴェンバー・ステップス」や「エクリプス」などの記念碑的作品の創造にまでも繋がっていったのではないでしょうか。


nice!(25)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

近況などなど [日記]

11月2日は大変な冷え込みでしたが、昨日・今日と、爽やかな晩秋の晴天に恵まれました。
いろいろと立て込んでいたこともあり、このブログの更新もままならず、先月(2015年10月)は一件の記事もアップできませんでした。
全く記事をアップしなかった月、というのはさすがにこのブログを始めてからなかったことなので、そのモチベーションの低下には自分ながらに呆れています。

そうはいいながらも、懸念であった連れ合いの具合は見違えるほど善くなり、どうやら安定して職場での勤務ができるまでになりました。
これまで身内を含めて様々な方々にご心配をおかけしていたこともあり、私自身、ようやく少しだけ肩の荷が下りたような気がします。
疾病が発覚した昨年の秋口以来、自宅・病院・職場周辺くらいしか出歩いていなかったこともあり、10月になって、お互いの実家にとりあえずの快癒報告と御礼に出向きました。

私の父母や妹たちも、それこそ首を長くして待っていた模様で、10月中旬の土日の短い一泊二日であるのにもかかわらず、大変喜んでくれました。
おりしも姪夫婦に娘が誕生し、まだ首の座らない新生児ではありましたが抱かせてもらい、なんとも幸せ気分を味わったものです。
姪の子供ですから、私は大伯父ということになるのでしょうか。
妹は「おばあさん」になったということに対して強烈に反発していて、「絶対にお祖母ちゃんとは呼ばせない!」と息巻いていました。
では何と云って呼ばせるつもりだ?と聞くと「大ママ」だといいます。「grandmather」と大して変わらないのではないかと難詰しましたが、その点は彼女なりの思い入れもありそうです。
義弟は初孫が可愛くて仕方がないという感じで、終始相好を崩しっぱなし。
私の父母も、曾祖父・曾祖母となることに感慨深い想いで微笑んでおりました。
赤ん坊というものは、本当に幸せと未来を運んでくる存在なのだなと、改めて心が温かになったところです。

尤も、その一方で、私は実家の障子貼りなどをさせられました。
都会の小さな和室の障子ではなく、それなりの大きさの障子、それを6枚貼り換えたので、さすがに辟易とさせられましたね。
まあ、父母には喜んでもらえたので良しとするところですが。

10月中旬の実家ですから、既にこたつやストーブは出ており、明け方などは氷点下となっています。
八ヶ岳はきれいに紅葉していましたが、冠雪にはまだ早いようでした。

この週末は、家内の実家に出向きました。
といっても、私は日曜日(11月1日)にも仕事が入っていましたので、連れ合いだけが先行し、私は1日の夜に合流という形となりましたが。
11月2日は、会津でも冷たい雨が降り、もちろんストーブはつけっぱなし。
雲間から見える磐梯山の山頂付近もさすがに冠雪しています。
連れ合いによれば、飯豊連峰は真っ白だったとのこと。
こちらでも冬の足音は着実に近づいてきているようでした。
冷たい雨の降る中、翌日の2日には帰宅という、私にとっては自分の実家と同様、かなり慌ただしい日程での帰省でしたが、義妹夫婦や高校2年生の甥ともいろいろ話ができ、楽しくも充実した時間を過ごすことができました。

昨日は、穏やかな秋晴れの中、連れ合いとともに近くの里山を散歩。
連れ合いは早目のウォーキングで、私はそのペースに合わせてのLSD。1時間30分ほどでしたが、気持ちのいい汗を流せました。

稲刈りの済んだ田圃を挟んで広がる里山も、だいぶ秋めいてきています。
aki20151103.jpg

ハナミズキは紅葉の上、赤い実がついていました。
hanamizuki2015.jpg

ところで、今年の夏に携帯電話の機種変更をした、とご報告を致しましたが、変更契約に係る手数料の支出が終わった純粋なひと月分の金額が出てきました。
2800円を下回るのではないか、と、以前の記事では書きましたが、それよりも200円ほど下回っています。
以前の機種では4000円弱でしたので、これはありがたい節約になりました。
やはり、wi-fi環境に対応していることが一番効果的であったようです。
しかし、筐体自体はガラケーのままですから、これでネットをブラウジングするのはかなり厳しいところ。タッチクルーザーEXもなかなか思うように使いこなせず、google検索や乗換案内やWebメールの確認にもイラつく始末です。
カメラ機能も、特にフォーカスが合わせづらく、先に掲載した写真のようにピンボケになってしまいました。
もう少し使いこまなければ、その意味では宝の持ち腐れになってしまいそうな雰囲気です。
しかし、通話と携帯メールを中心に使うのであれば、料金的にはそれなりのメリットはあるのではないでしょうか。
格安SIMの環境もありますので、ネットのブラウジングの主体はそちらの方にすれば良いわけですから。

nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感