So-net無料ブログ作成

鬼岩のハンガーボルト [山登り]

梅雨冷の日が続いています。
英国のEU離脱やトルコのイスタンブール空港での爆弾テロなど、世界を揺るがすような事件も起こっていますが、山屋関連では、次のような憂慮すべき事態が勃発しています。

「鬼岩にくさび」出頭 県警に会社員「取り換えただけ」

この記事にもありますように、この周辺の巨岩を利用したクライミングやボルダリングのルート開拓は古くからおこなわれており、今回の「事件」も「鬼岩劇場」の終了点の老朽化を危惧したクライマーが自発的に整備してハンガーボルトに打ちかえたもののようです。

この、鬼岩周辺のルートに関しては、「岩と雪123号(1987年8月)」にも紹介されていた、いわゆるクラシックルートの一つで、ネットでも詳しいトポが載っています。

鬼岩公園

今回の事件に関して、JFA(日本フリークライミング協会)は次のような見解と注意喚起を行いました。

岐阜県鬼岩についての報道の件について
つきましては、クライマー諸氏には、リボルトのみならず、通常のクライミングを行なう際でも、特に歴史のあるエリアにおいては、さまざまな観点からの「確認」をお願いいたします。
一般に発売されている岩場ガイドブック(トポ)に掲載されているエリアであっても、地権者の承諾が取られていなかったり、アクセス状況がクリアになっていないエリアが多数存在します(開拓時に許可されていた岩場でも地権者の変更や岩場利用者の増加、マナー低下などで状況が変わっている場合もあります)。
以上の情報をクライマー同士で共有し、つねに自然保護や文化財保護の観点、地権者の状況や周辺住民のお気持ち等、「この岩は登っても大丈夫なのか?」ということを意識してクライミングを行なうよう、お願いいたします。

こういう問題は、以前から発生しており、私もこの話題で、もう15年以上前のことですが次のような記事を書きました。

「アウトドア」の危うさ

ここで紹介した広沢寺の弁天岩は、首都圏の多くのクライマーがトレーニングをつんだ岩場で、私も頻繁に通っていたエリアです。
その広沢寺の岩場が、一時、地権者の方とクライマーとの間で軋轢が生じ、登攀を禁止される寸前までいったのです。
一部のクライマーの非常識な行動がその要因でしたが、この岩場を愛するクライマーの地道な行動が功を奏して地権者の理解を得られた事例となりました。

登山と地権者との間の問題はこれまでにもいろいろとあって、有名どころでは両神山の白井差コースのいざこざがありましたね。

15年以上前に単身赴任をしていた熊本で、足繁く通っていた宮崎の比叡山鉾岳の岩場。
私も所属していた「庵鹿川」のクライミングチームがこの岩場を開拓するに当たって一番力を入れていたのは地元の方々との連携や交流でした。
この鹿川地区の簡易水道のタンクや水源地の清掃は、この庵鹿川メンバーの仕事で、年に数回、私たちメンバーはかり出させ、綱の瀬川に設置された簡易水道関連施設の清掃に勤しみました。
また、地区の運動会には、庵鹿川メンバーでチームを編成して参加。
さらに年に数回、庵鹿川のロッジで、ビアガーデンや高千穂神楽のお祭などを開催し、地元の方々を招待してみんなで大いに盛り上がったりしたものです。
こうした地道な活動を通じて地元の方々の理解を得、先に述べた屈指の花崗岩の岩場にたくさんのルートを開拓することが出来たのです。
もちろん、岩場以外の登山ルートの整備も積極的に行ってきました。

山登りを趣味にしている人の多くは、そのルートや山に関する権利関係に無頓着です。
また、各種のガイドブックや山岳雑誌も、そうした問題にはほとんど触れずじまい。
冒頭に挙げた鬼岩のことも、恐らくそこをフィールドにしているクライマーは、そうした問題があることに無頓着だったのではないでしょうか。
ここの岩が天然記念物であったとすれば、闇雲にピトンなどを打つのは慎まなければならなかったのではないかと考えますが、開拓当時にはそうした問題が表面化しなかった可能性も高いものと思います。
今回のハンガーボルトが目立つ存在であったが故に、ある意味ではパンドラの箱の蓋が開いたのかもしれません。

この記事についているコメントにもあるように、こうした事例が出ることによって「クライミングを禁止しろ」といった意見がネットなどをにぎわすことになるかもしれず、非常に気がかりです。
フリークライミングが「スポーツ・クライミング」など呼びならわされ、オリンピック競技に登録されるかもしれないという流れのなかで、こうした自然壁の問題が表面化すると、ますますそのインドア化が進みそうな気もします。
そのことの是非を問うつもりもありませんが、古いタイプの山屋の端くれである私などには、何ともやりきれない想いにさせられます。

nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

南博人さんが亡くなりました [山登り]

南博人さんが亡くなりました。

【訃報】南博人氏=登山家

前穂高屏風岩や谷川岳一ノ倉沢などを中心に数多くの初登攀記録を持ち、日本におけるアルパイン・クライミングの最盛期(1960年代)を代表するクライマーの一人でした。

その輝かしい足跡の一部が、所属されていた東京雲稜会のページにアップされていますので、ご紹介します。

東京雲稜会の踏み跡

南さんのお名前は、恐らく新田次郎氏の「神々の岩壁」を通じてご存知の方が多いものと思われますが、私はむしろ、瓜生卓造氏の「谷川岳(中公新書)」における記述の方が印象深く残っております。

私は残念ながらご本人に直接お会いしたことはございませんが、山の先輩によると、誠に誠実かつ気さくで、あれほどの初登攀記録を持ちながら、それをひけらかしたり自慢するようなことは全くない方だったそうです。
「古のクライマー」の中には、自己顕示欲が旺盛で、ともすれば登ったことのないルートを登ったかのように吹聴する、一種の虚言癖にまみれた御仁も結構おられたりしますので、その意味からもかなりの人格者であられたのでしょう。
尤も、私の知る限りにおいて、真の実力を有するクライマーは、たいてい非常に控えめで決して大言壮語を吐くようなことはありませんでしたから、大きな目標を掲げて実践してこられた方々に共通する資質なのかもしれませんが。
その南さんですが、コップ状岩壁の初登攀を狙っていて、間一髪で雲表倶楽部と緑山岳会に先を越されたことを非常に悔しがっていたとのことでした。
これはなんだか、そのお気持ちがとてもよくわかり、語弊はありますけれどもほほえましくも感ぜられます。

享年84歳。
前立腺がんで亡くなったとのことですから、やはり大往生といっていいのでしょう。

先にあげた「神々の岩壁」の中でも大きく取り上げられていますが、南さんはヒマラヤ遠征に対して相当の情熱を傾けてこられていたそうです。
月々の僅かな収入の大半をそのための貯金に回していたのも、その真面目で誠実なお人柄からすれば納得できます。
ただ、ご本人は高度障害を起こしやすく重症化しやすい体質であったらしく、日本国内でも、例えば北岳バットレスなど3000mを超える岩壁では思うような登攀はできなかったようです。初登攀記録が屏風岩までなのも、そういった要因があったからなのでしょう。
あれほどあこがれていたヒマラヤ遠征がついに叶わなかったことは、南さんにとって正に切歯扼腕の想いであられたことと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。







nice!(32)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

又吉直樹著「火花」 [日記]

とうとう関東地方も梅雨入りとなりました。
尤も、現在の小雨交じりの曇天は梅雨前線によるものではなく、高気圧の縁を回る(黒潮を上昇気流をたっぷり吸いこんだ)湿った空気の影響なのだそうですが。
紫陽花の花が存在感を増してきました。
20160602_122729.jpg
梅雨は鬱陶しいものですが、たまに覗く青空と紫陽花やクチナシや夏椿の花は、この時期でこそ味わえる安らぎなのかもしれませんね。
20160602_122746.jpg

ピース・又吉直樹氏の「火花」を読みました。

刊行された当時から興味はあったのですが、芥川賞騒ぎなどの影響で、何となく購読しようという気が薄れていたというのが正直なところです。
たまたま、義姉がこの本を購読し、面白かったからと連れ合いに貸してくれたものを私が又借りして読んだ、という、何とも失礼な顛末なのですが、この本は「当たり」だと思いました。
又吉氏は、太宰治をはじめとする、いわゆる「純文学系」の小説を中心とした大変な読書家であり、書評はもとより小説・随筆など執筆も精力的に行っていますが、「火花」を読んでみて、改めてその筆力に脱帽した次第です。
冒頭の
大地を震わす和太鼓の律動に、甲高く鋭い笛の音が重なり響いていた。熱海湾に面した沿道は白昼の激しい陽射しの名残を夜気で溶かし、浴衣姿の男女や家族連れの草履に踏ませながら賑わっている。

という文章。
出だしから膨大な読書量によって育まれた小説的呼吸を感じさせますね。
全編にこうした一種華麗な小説的レトリックがちりばめられていて、文章を書くことに対する作者の並々ならぬ想いを表しておりました。

いわゆる「名文」とは、文章表現そのものを感じさせずに書かれている内容がすんなりと頭に入ってくるものをいう、という理は、以前から多くの文学者によって言われてきたことです。
つまり、レトリックなどのテクニックにおぼれた文章は、しばしばその修辞の方法論などに読者の目を向けさせてしまい、その文章の根本にある思想の伝達が疎かになる嫌いがある、ということなのでしょう。
これは、ある意味での真理なのだろうと思います。
事実、世の中には、ほとんど自分の文章テクニックに陶酔しながら書いているのではないか、というような鼻持ちならぬシロモノもたくさん出回っておりますし、また、半可通な読者がそれをほめそやすことでさらにつけあがる、という悪循環も見受けられます。
しかし、例えば大岡昇平の「野火」のように、全編にちりばめられた華麗なるレトリックが、その物語全体の迫真性をより高めている名文も存在するのです。
畢竟、そうしたレトリック・修辞法は、それを用いる人によって、文章そのものの質の高低をも変えてしまうものなのでしょう。使う人間の思想が低い位置にあるのであれば、いくら技巧的な修辞を用いても下卑た文章になってしまうのですから。

「火花」の地の文章は、私の感覚からすれば、文章表現面で見てやはりかなりの斧鑿の跡を感じさせます。
同じような情景を描いてもそれを感じさせない文章が数多くあることに鑑みれば、ある種の力みのようなものが見え隠れするような気がするのです。
それに比して、会話の文章のもつ躍動感や律動感はどうでしょう。
実に生き生きとしていて、この効果を生み出すために、わざわざ地の文をあのような表現にしたのではないかと思わせるほどです。

又吉氏の筆力は相当のものであり、私は引き込まれるようにして、正しく「あっという間に」読み終えてしまいました。
そして、「当たり」だと感じたわけです。

この小説は、「創造」という行為に憑かれた人たちの苦悩と葛藤、そしてある種のカタルシスを表現しています。
又吉氏が漫才師であることから芸人を主体として描かれておりますが、これは、「創造」や「表現」にかかわるアーティスト全てに当てはまることではないか。
新たなる「表現」を「創造」することが如何に困難で、真正のアーティストはそれがために塗炭の苦しみの中にいる。自己模倣に陥らないために、自分自身の築き上げた世界を自分の手で破壊しなければならない。それを躊躇なく実行に移すことのできる表現者こそが、未来に向けて、新たなる「創造」をなしとげることができるのでしょう。

恐らく「笑い」というものは、その意味で最も難しい題材の一つなのだろうと思います。
「悲劇」はある程度パターン化していても一定の観客の心をつかむことができるのかもしれませんが、「喜劇」においては常に新たなる笑いが求められます。
この小説の中でオマージュとなっている「いとしこいし」のような神様レベルにまで達すれば、それが一見ワンパターンのように見えても、ある意味で昇華された表現の一つとして讃えられるかもしれませんが、それは正に「稀有な事例」と申せましょう。
多くの若者が、例えばテレビやライブを観てお笑い芸人をめざし、その大半が挫折せざるを得ないのも、新たな「笑い」を生み出さなければらないというとてつもない難事に出くわし、そこで折れてしまうからなのかもしれません。
しかし、「笑い」というものの持つ「毒」の存在も閑却するわけにはいかない。
私たちが何気なく笑いながら見流しているお笑い芸の、底知れない深さに震撼とさせられたりもするのです。

この小説の主人公が「師匠」とあがめる神谷。
既存の価値観も含めてすべてのものを破壊した上に新しい笑いの世界を築こうとする、その崇高な想いには確かに心を打たれます。
恐らく常識的な面でこの人間にラポールできる人はいないと思いますが(私も当然そうです)、ここまで突き詰めた生き方自体にはやはり感動してしまう。
主人公もそのことがわかるからこそ、大きな葛藤を抱えながらも師匠を愛し続けるのでしょう。
それ故に、ラストの悲しみが一段と胸にしみます。
面白ければどんなことでもする、というこの主題の下りを読んだとき、私はなぜか故早野凡平氏を思い出してしまいました。
早野氏の師匠であるパン猪狩は、歯の治療を受けて入れ歯にしなければならないといわれた時、どうせなら上下を総入れ歯にし、コーヒーカップの縁のようにつなぎ目のない形態にしてくれと、真顔で頼んで歯科医に拒否されたそうですが、その弟子である早野氏もすごい。
とにかく舞台でウケることが何よりも大事だと固く信じていた早野氏は、ある時ふと大変な名案を思いつきます。
それは、目・耳・鼻・歯・両腕・両足を全て人工のものに変え、それを舞台でみんな取り外す、というもの。
自信満々で師匠に相談に行くと、しばらく考え込んでいた師匠は、確かにそれはウケるだろうがウケるのはそのとき一回限りだからやめておけ、とアドバイスしたそうです。

さて、観客にウケるためならなんでもする、という師匠の生き方に対し、主人公は強烈な憧れを抱きつつも、最後は極めて常識的な言辞を以て涙ながらに師匠を諌めます。
主人公の涙は、そんなふうに師匠を諌めなければならない自分のありように我慢ができずに流されたものなのかもしれません。

この本を読み終えたときに唐突に思ったことがあります。
それは、プロとエキスパートとの違い。
プロフェッショナルというのは、それを生業としその道の精進を目指す人たちであり、それ故にその道を踏み外したりましてや破壊したりなどということは決してしない。
しかし、エキスパートは違うのではないか。
己の目指す地点に行きつくためになら、どのようなことでもする。もしかすれば、これまで自分の築いてきた世界を破壊する可能性があろうとも、まだ見ぬ世界を目指そうとする。
つまり、この小説における神谷はエキスパートなのではないか、と。
そして、「創造」「表現」「芸術」などは、こうした、一種向う見ずなエキスパートたちによって新たな世界を切り開くことができたのではないでしょうか。
その意味では、私たちに感動を与え続けてくれる作品を生み出した芸術家はすべからくエキスパートであり、同時代的な中での調和を慮ろうとする職業的プロではないのかもしれませんね。

この小説は、口当たりのいい読みやすい文章表現の中に、そうした芸術の持つデモーニッシュな側面を描き出しています。
その意味では、正しく正当な意味における純文学なのではないでしょうか。
斧鑿の跡が見えると書きましたが、恐らくそれらは書き続けることによって自ずから姿を消していくもの。
又吉直樹氏には、これからも刺激的な小説を書き続けてほしいと、心から願う次第です。

火花 [ 又吉直樹 ]
価格:1296円(税込、送料無料)



nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ: