So-net無料ブログ作成
検索選択

瀧廉太郎「憾」 [音楽]

ようやく梅雨が明けました。
平年よりも十日ほど遅れての梅雨明けとのことです。
久しぶりに30度を超す暑さとなり、日課にしているお昼休みのウォーキングでも、少し熱中症を気遣ってしまった始末。
もちろんそれほど極端な暑さにはなりませんでしたが。

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きた痛ましい連続殺人事件。
19人もの方が亡くなり、24人の方が重軽傷を負いました。
犯行に及んだ容疑者の「動機」も含め、連日、テレビ新聞やネットなどを賑わしているので、事件そのものについて詳述することは控えます。
この事件の契機となった、「障害者は周りの人を不幸にする。いない方がいい」という容疑者の思想。
大麻や措置入院が必要なレベルの精神疾患などによるものなのかどうか然とはわかりませんが、自身「ヒトラーが降りてきた」と話しているように、その優生主義的な方向性がこの凶行を呼び起こしたのだとすれば、極めて恐ろしいことだと思いました。
こういう考え方をする人、有名どころでは曽野綾子氏や渡部昇一氏といった名前がただちに思い起こされますが、今回の植松容疑者の犯行を非難する人々の中にも近い考え方を持っている人がいるのではないか。
ネットなどを覗くと、「社会に役に立たない(役に立たなくなった)人間は、社会に迷惑をかけないように身を引くべきだ」「社会の役に立たない人に税金をつぎ込むのはおかしい」的な考え方がそこかしこにアップされていて、それなりに(閉じられた世界ではあれ)支持を受けているように見えるのです。

人間は社会的な生き物である、ということは一つの理です。
この理の本筋は、人間が生きていくためには「社会」という枠組みや構造が必要である、ということだと私は考えているのですが、社会を存続せしめるために人間は生存を許されている、と考える人もいる。つまり、人間の価値を「社会の役に立つか立たないか」で判断する、ということなのでしょう。
そういう人たちから見れば、障碍者などの社会的弱者は、社会に過剰な負担をかけないようにひっそりと暮らしなるべく早く社会の一線から身を引け、ということにつながってしまうのではないか。
植松容疑者は、特に重篤な障碍のある方から順に襲っていったといいますし、衆議院議長宛の手紙の内容などから鑑みて、この種の考え方を先鋭化させていったものと思われます。

こうした論争における非常に興味深い記述が「ヤフー知恵袋」に掲載されていて、ネットでも話題になっていますので、ご紹介します。

弱者を抹殺する。 不謹慎な質問ですが、疑問に

この「ベストアンサー」には頷かされました。

人間は、いわゆる食物連鎖の頂点にいる「最強者」と考えられてきましたが、生身の生物としては、恐らく生態系の中でもかなりの「弱者」に位置するのでしょう。
単独行の多い私は、常日頃そのことを痛感しています。
我々全員が「弱者」であり、「弱者」を生かすのがホモ・サピエンスの生存戦略だということです

この真理について、私たちはきちんと認識しなければならないのではないかと改めて思いました。

さて、そんなことをつらつら考えていたら、なぜだかわかりませんが、瀧廉太郎の絶筆であるピアノ曲「憾(うらみ)」を唐突に思い出してしまいました。
溢れんばかりの才能を有しドイツへの留学も果たしながら、彼の地で結核に罹患し23歳という若さで早逝してしまった瀧廉太郎。
この曲を聴いていると、この題名でもある「憾(うらみ)」つまり「心残り」「無念」という瀧の想いが胸に突き刺さるような気がします。
youtubeにアップされていましたので、宜しければお聴きください。



私がこの曲のことを知ったのは、恥ずかしながら映画「わが愛の譜 滝廉太郎物語」においてでした。
1903年という20世紀初頭に、西洋音楽という括りからは完全に行進国であった日本において、このような完成度の高いピアノ曲が生まれていたこと。
そのことに深く感動したことを思い返しています。

nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽