So-net無料ブログ作成

矢頭山に登ってきました。 [山登り]

風は強いものの晴れ間が広がり、日向では小春日和の温もりが感じられました。
布団を干し、シーツを洗い、台所のぬめりとりなどをしたところです。

昨日は、それまでの寒波が緩んだこともあり夜半からの雨が降り続いていました。
しかし、冷え込みもおさまって来たこともあって、久しぶりに山に出かけることにしました。
行き先は、前々から目星を付けていた矢頭山。
津市と松阪市の境にある非常に目立つ山で、古くから音に聴こえた名山だそうです。
それは中宮公園にある案内板でも分かります。
yazu01.jpg
伝説とはいわれていますが、役行者が開いた修験道の山とのこと。
標高は700mちょっとですが、楽しめそうです。

県道15号線から43号線を通ってキャンプ場のある中宮公園まで入ります。離合困難な狭い道が続きますので、対向車には要注意。
中宮公園のキャンプ場は、施設も整っていて大変気持のよい場所ですが、このアプローチにはちょっと問題があるのかもしれませんね。

中宮公園の駐車場に車を止めると、眼前に立派な矢頭の大杉が聳えています。
yazu03.jpg

駐車場から少し県道を進むと登山口。
yazu02.jpg

杉の人工林の中を進んでいくと、不動の滝への分岐が現れます。
急下降となりますが、せっかくなので立ち寄ることにしました。
不動の滝は、落差はあまりありませんが、樋状の面白い形状をしています。
yazu04.jpg
左壁に二体の仏像が彫り込まれていました。
yazu05.jpg

今回の山行、雨ということもあり、三重に来てから初めて長靴で登りました。
これまで長靴で山歩きをすることに慣れ過ぎていたので、こちらに来てからはちょっと心を入れ替えるというか、山靴で歩くことにしていましたが、やはり雨降りには長靴ですね。
そんなわけで、不動の滝に降りるのも、ちょっと流れを遡って仏様の彫刻を見るのも、長靴だと楽勝でした。

不動の滝の上に、かなり荒れた感じの避難小屋がありました。
yazu06.jpg
不動の滝避難小屋です。

そこからしばらく登ると、林道に出合い、そこに椿小屋がありました。
yazu07.jpg

落ち着いた山道が続きます。
yazu08.jpg
雨は落ちていますが、心なしか空が明るくなってきました。

尾根に這い上がると、水場の道標があります。
yazu09.jpg

尾根に上がってからは、急登・急降下が続きます。
yazu10.jpg

しばらくして「大日拝展望台」。
yazu11.jpg
厚い雲が広がっているので展望など望むべくもありませんが、そうでなくても樹林が生い茂っていてあまり展望向きとは思えません。
それでも陽射しが当たるようになってきました。

雲が切れ、やっと展望が利くようになってきました。
yazu12.jpg

そこからいくつかアップダウンを繰り返し、最後の急登を稼ぐと矢頭山(御嶽)の山頂です。
yazu13.jpg
標高は731m。
yazu14.jpg
遠くに見える三角錐は局が岳でしょうか。
yazu15.jpg
雲が徐々に降りて来ています。

山頂からは急下降の道が続き、仁王峠(矢頭峠)まで一直線です。
急坂ですが、ロープがあるので安心でしょう。しっかりした道なので、使わなくても大丈夫ですが。

ぐんぐん下ると林道と県道43号線に出合います。
yazu16.jpg
あとは県道43号線沿いにぶらぶら下れば、中宮公園駐車場に到着。

矢頭山登山は、ゆっくり歩いても休憩時間込みで2時間くらいあれば大丈夫でしょう。
アプローチの県道はちょっと狭いのですが、お手軽な山歩きが出来ると思います。

下山後は、例のごとく榊原温泉に立ち寄り汗を流して帰りました。

ところで今日は衆議院選挙。
私はこちらに赴任した折に津に住民票を移していますので、津で投票しました。
大方の予想通り自民党の圧勝で、民主党は止めどもない惨敗となりそうです。
どんな政権運営になるのか、これからもきちんと注視しなければなりませんね。
nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 10

hirochiki

出発されたときはあいにくの雨降りだったようですが
山頂から美しい景色を見ることができたようで何よりでしたね。
大杉が大変立派でパワーをいっぱい感じます。
壁に掘り込まれた仏像には、思わず見入ってしまいました。
ところで、昨日は我が家も家族そろって選挙の投票に行ってきました。

by hirochiki (2012-12-17 05:59) 

tochimochi

16日はこちらでは快晴でしたが、津のほうはあまりいい天気ではなかったようですね。
岩壁に彫り込まれた仏像からも信仰のある山ということが分かります。
けっこうアルバイトのある山のようで、お疲れ様でした。
ところで衆院選、やはり自民党圧縮、民主党惨敗ですね。
これからの政局と言うよりも生活が心配です。

by tochimochi (2012-12-17 06:54) 

のら人

トユ状の滝がまた素晴らしいです。 ^^
そしてお決まり?の榊原温泉で汗を流す。良いですね。
関東地方は快晴でしたが、三重の方は雲が多かったんですね。
ずいぶんと自民公明共に謙虚な発言が多いのは半年後の参院選を睨んでの事なのでしょう。その後が楽しみ?です。 ^^;
by のら人 (2012-12-17 07:59) 

夏炉冬扇

こんにちは。
素晴らしい雲海ですね。
山、久しく登りません。
by 夏炉冬扇 (2012-12-17 11:38) 

伊閣蝶

hirochikiさん、こんばんは。
雨の日の山登りも意外に良いものではありますが、眺望が得られないとやはり寂しいものです。
その意味では山頂でおあつらえ向きに雨が止んで陽が射してくれたのはありがたい限りでした。
矢頭の大杉、これは本当に見事なご神木という感じで、なんというか神々しさを感じたところです。
壁に彫り込まれた仏像、恐らく不動明王なのでしょうが、いつの時代に誰が彫ったものかわからないのだそうです。しかし、やはり信仰の山なのだなとしみじみ思わせてくれる出来映えでしたね。
ところで選挙結果、予想はしていましたが、すごい結果となりましたね。

by 伊閣蝶 (2012-12-18 22:36) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんばんは。
16日は津も晴れましたが、風が強くちょっと参りました。でも陽射しは暖かでしたね。
不動の滝の仏像は、私も思わず見入るほどの出来映えで、信仰の力をしみじみ感じたところです。
山自体は、アップダウンもかなりあり、急坂の連続でしたからかなり楽しめました。面白さがギュッと圧縮されている感じです。
選挙結果、私もこれからの生活が心配ですね。
自民党や公明党の政策に共感してというよりも、民主党の政策への批判がこうした結果となったわけですから、その辺りをきちんと考慮に入れて欲しいものです。

by 伊閣蝶 (2012-12-18 22:36) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
不動の滝、大変面白そうな滝ですので、少し温かくなったら登ってみようと思っています。
それに、この滝の上にさらに面白そうな滝が見えたので。
tochimochiさんもお書きになっておられましたが、関東地方は快晴だったそうで羨ましい限りです。
選挙のこと。自民党や公明党に謙虚な発言が多かったのは、仰る通り参院選での逆ぶれを警戒してのことでしょうね。国民はあきらかに「勝たせ過ぎた」と思っていることでしょうから。

by 伊閣蝶 (2012-12-18 22:37) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
雲海、見事でした。雲が切れて山の姿が見えた時は思わず歓声を上げたほどです。

by 伊閣蝶 (2012-12-18 22:37) 

Cecilia

岩に彫り込まれた仏像に驚きました。
注意深く山歩きすればこういうものは日本全国各地にあるとは思うのですが、彫った人はさぞかし大変な労力が要っただろうと想像しました。
長い年月の間に摩耗もしているでしょうね。
それにしても寒い折、私ならそれだけで外に出て行きたくないですが、雨の中の登山、お疲れ様でした。伊閣蝶さんはどんな天候でもそれぞれに登山の醍醐味を感じられるのでしょうね。
by Cecilia (2012-12-21 08:25) 

伊閣蝶

Ceciliaさん、こんばんは
この彫り込まれた仏像には本当に驚かされました。
古くからの信仰の山だったことが分かる気がします。
仰る通り、日本各地にこうした仏像はあると思います。私もいくつか目にしておりますから。
どのような想いで刻み込まれたことか、そのことを思うだけでも心が洗われる気がします。
ところで雨の登山ですが、今までの経験上、一日中雨が降る確率は意外に少なく、雨の予報でも3割程度降らないことが多い、というのが、私の長年の経験値です。
この日も正にそれが当たり、山頂では陽射しも得られたので満足でしたね。

by 伊閣蝶 (2012-12-21 22:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0