So-net無料ブログ作成

鈴鹿サーキットに行ってきました。 [日記]

今日は、風は強いものの陽射しがあるので、布団を干し、洗濯をして掃除をすませたところです。
昨日は、風が強く時折雪が舞うような真冬の天気となりました。

そんなあいにくのお天気でしたが、職場の同僚から「鈴鹿サーキットに行ってみませんか」とのお誘いを頂き、でかけることにしました。
何でも、この週末は「2013モータースポーツファン感謝デー」ということで、通常なら特別な会員とかオーナーのようなお金持ちしか入れないピットやコース内に入ることができるそうなのです。
その上、F-1や2輪のデモンストレーションレースを、これまた本来なら十何万円もする観覧席から「無料」で観ることができるとのこと。
同僚は何度もこの鈴鹿サーキットでF1レースを観戦しており、何とファン感謝デーの入場料まで無料になりました。
感謝感激ですね。
私は、こうしたレースは、F1に限らず競馬も競輪も競艇も、全く観戦したことがないので(そもそもスポーツ観戦自体を滅多にしない)、興味津々、楽しみで仕方がありませんでした。

まずは、「『グループCカー』グリッドウォーク&ピットウォーク」という催し。
先程書きましたが、2時間足らずではありますが、ピットに入ってレースカーを観ることが出来ます。

これは、セナが乗ったというマシン。
suzuka01.jpg

どのマシンの前も鈴なりの観客です。
suzuka02.jpg
suzuka03.jpg

コース上にもモンスターマシンが勢揃い。私は良く知らないのですが、これがグループCカーなのでしょうか。

これは日産シルビアのようです。
suzuka04.jpg
suzuka05.jpg

これはマツダ767Bで、ロータリー車がレースに出られた最後のマシンだそうです(現在、ロータリー車はレースに出られないとのこと)。
suzuka07.jpg
suzuka06.jpg

これも日産、R90CKですね。
suzuka09.jpg
suzuka08.jpg

これはゲートです。
suzuka10.jpg

観覧席。
suzuka11.jpg

さて、初めてのF1観戦。
「時空を超えたF1日本グランプリ」ということで、中嶋悟、鈴木亜久里といった、当時一世を風靡した大スターが実際にF1マシンに乗り、鈴鹿サーキットのコースを、フルで、しかも三周もしてくれるという驚きの催しです。

suzuka12.jpg
F1マシンがセットポジションに入りました。

レースは、中野信治が乗るフェラーリF2003がぶっちぎりの優勝!
とても、写真に撮るような余裕はなかったので、残念ながらアップは出来ません。
ビデオは撮影したのですが、これは容量の問題でやはりアップできず残念ですが、想像以上の迫力と「音」でした。
まるで飛行機の離陸音のような金属的な音が響き渡り、度肝を抜かれたのですが、同僚にいわせると、本番のF1レースの音はこんなものではなく、耳栓をしていても役に立たないのではないかというほどの音なのだそうです。

そのあと、「ワールドグランプリ『エディ・ローソン伝説』」ということで、世界GPで4度のタイトル(1984年、86年、88年、89年)を獲得したエディ・ローソンが、ヤマハYZR500とホンダNSR500で東コースを走ります。
これも大変なものでした。やはりカメラで写真など撮る暇もなく、正に目が釘付け状態。
鈴鹿おろしに雪が混じる極寒のコンディションの中で、これだけの走りを見せてくれるところなど、さすがに「レジェンド」エディ・ローソンですね。

あまりの寒さに耐えきれず、ここまでで帰りましたが、実に素晴らしい体験でした。
鈴鹿サーキットは、F1レースが行われるサーキットとしては世界でも例を見ないほど交通アクセスが良いことで知られています。
車で来てもバイクで来てももちろん便利ですが、バスやタクシー、そして電車(伊勢鉄道)でも来場することができるのです。
F1レースの折には、鈴鹿はもちろん、四日市・桑名や津市までホテルは満杯。
大変な経済効果ですね。
世界中から観客が集まってくるのだそうですから、ある意味では「お伊勢様」に並ぶくらいのものではないでしょうか。

それにしても、屋根のない一番安い観客席でも、F1日本グランプリなどのビッグイベントでは4万円くらいするのだそうです。
屋根付きの上の方の客席は十数万円するとのことで、残念ながら私の手にはとても届きません。
ファン感謝デーは、そんな私たち「パンピー」につかの間の夢を見させてくれる、心憎い催しでありました。
nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 19

コメント 8

のら人

こんばんは。
自分は一度だけ鈴鹿でF1を見た事がありますが、その衝撃は凄い物だったと記憶しています。おっしゃる通り「音」が凄いですね。
セナが乗っていたJPSのマシンが一際目を引きます。 ^^
by のら人 (2013-03-03 20:04) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
のら人さんも鈴鹿でF1をご覧になられたのですか。
私の場合はデモレースですから、本番の衝撃は想像もつきません。
ものすごいものであろうなと、あのフェラーリF2003の走り抜ける音を聴いただけで分かるような気がしました。
セナのマシン、私もさすがに感動しました。
by 伊閣蝶 (2013-03-03 21:59) 

夏炉冬扇

お早うございます。
マニアワクワクもの。いえ、素人でもワクワクしそう。
by 夏炉冬扇 (2013-03-04 08:11) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
はい、素人の私でも眺めているだけでワクワクもの。
ましてやそれが走るのですから!
by 伊閣蝶 (2013-03-04 21:57) 

九子

伊閣蝶さん、そちらの生活を楽しんでいらっしゃいますね!( ^-^)

それにしてもF1レースを見るのにそんなにお金がかかるなんて知りませんでした。とても庶民じゃ見られませんね。

無料の日なんて、良い時に行って来られました。( ^-^)

梅の花と言い、長野じゃ桜とほとんど一緒で、色もピンクがほとんど。そんなに種類はありません。やっぱり温かい場所のほうが、植物もいろいろな種類が有るのでしょうね。

今度は二人で・・。ご馳走様。( ^-^)
by 九子 (2013-03-07 22:55) 

伊閣蝶

九子さん、こんばんは。
確かに、楽しんでいる、というところでしょうか。
望んで単身生活をしているわけではありませんが、暗く考えても仕方がありませんから。

F1、私も値段を聴いて驚倒しました。仰る通り、庶民には別世界です。

私の郷里では、大抵、5月の初めに全ての花が一緒に咲きますから、こうして次々に花が咲くのはやっぱり羨ましいところです。
せっかくなので家内にも見せたかったのですが、残念ながらこちらに来るのは難しそうで、まあ、次回に期待、というところです。
by 伊閣蝶 (2013-03-08 00:24) 

Cecilia

伊閣蝶さんと鈴鹿サーキット、何だか意外です。
でもかなり楽しまれたようで、このような世界に縁のない私も興味を持ちました。三重県には地味なイメージがありましたが、いろいろ考えると華やかな県のような気がします。
by Cecilia (2013-03-09 19:49) 

伊閣蝶

Ceciliaさん、こんにちは。
私も、鈴鹿サーキットに出かけることができるとは思ってもみませんでしたが、車に全く興味がないわけではないので、やっぱり楽しく見物してきました。
三重県、仰る通り、あまり目立った印象はありませんが、伊勢神宮のような歴史的存在のほかに、このような先進的施設もあって、本当に奥が深いなと感じています。

by 伊閣蝶 (2013-03-10 09:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。