So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「遭難女性が救助の警官にブチ切れ」 [山登り]

JCASTニュースに掲載され、Yahooニュースに転載されたことから、注目を集めた記事。

遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

JCASTニュースのURLは以下の通り。

遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

「遭難女性」のそもそものブログ記事はこちら。

御在所岳でまさかの遭難! 大変ご迷惑をおかけしましたm(__)m。しかし警察って何様?感謝していますが言わせてもらいたいことが!

人はその置かれた立場によって意識も感じ方も良識も異なりますから、この件については記事の紹介にとどめ、このことに対しての私個人のコメントは差し控えます。

以下は山登りに対する私の個人的な考え方ですから、どうぞその点についてはお汲み取りのほどをお願い申し上げます。

山登りは基本的に場数や経験がものをいうスポーツだと思います。
スポーツであるのにもかかわらずこれといった明確なルールがなく、ベテランもビギナーも同じフィールドで行動するという特徴もあります。
その場数や経験も、単にこれまで重ねてきた年月に比例するといったものではなく、極端なことを云えば、無雪期の一般ルートの縦走を何十年重ねてきても、山登りという全体的なレベルからすれば「初級者」の域を出ません。
高尾山や丹沢あたりから始めて、奥秩父・八ヶ岳・日本アルプスと無雪期の縦走登山をを重ねていき、沢登りから岩登りなどのバリエーションにおける技術をある程度習得し積雪期登山に踏み出していく、という地道な経験を積むことが、まずは山登りのあり方だと、私などは教えられてきましたし、場数や経験という意味では正にこの通りと思います。
地形図の読み方や天気図の書き方、観天望気、ザイルワーク、確保技術、アイゼンワーク、天幕などを含めた生活技術や食料の取り方、などなど、山登りに関して必要となるもろもろの技術はこうした息の長い経験によって身に付くものでもあるのでしょう。
先輩などから実地で教え込まれるものから、自宅の炬燵にあたってブーリン結びや8の字結びやマッシャー結びやプルージックやインクノットなどを何度も繰り返し自習する、などということまで、目標達成に向けてそれなりの地道な努力を重ねてきた山屋もかなりの数にのぼると思います。
食糧計画を立てたり国土地理院の25000分の1地形図に色を塗ったり書き込みをしたりとか、山へ出かける前の準備も、それなりに楽しいものでした。

一時、山の経験のほとんどない中高年の方の登山に関して、その危うさや軽率な行動などが批判の対象になっていました。
近年、山ガールとか山ボーイなどという呼び名とともに若者たちの山登りが盛んになってきています。
若い人たちが山に登るというのは、20年位前までは誠にお寒い限りでしたから結構なことだと思います。
しかし、時折山で出会う彼らの行動を見ていると、批判の対象となっていた中高年登山者以上に危ういものを感じます。
そこには、山の経験はもとより人生経験の浅さまで露呈されているからなのかもしれません。

今回のこの「騒動」の元となった方は、地図やコンパスを持参することもなくしかもコースを事前に検討しもしなかった。
地図を持参しなかった理由は「そもそも地図が読めないから」なのだそうです。

地図も読めずコンパスの使い方も知らない人、つまりは山の中にいて自分の現在いる地点すらも把握できない状況で山歩きをする。
ちょっと絶句してしまいました。

そういえば、同じJCASTニュースに次のような記事がありました。

救助隊員滑落死でも「楽しかったよ」 無謀登山遭難者のフェイスブック書き込みに非難轟々

恐ろしい世の中だと思います。

好むと好まざるとにかかわらず、私はこれからも基本的にはあまり登山客の押し寄せない山域を中心に山をうろつきたいとの想いを新たにしました。

山登りには、昔から言い習わされている俚諺があります。

「山の弁当と怪我は自分持ち」
タグ:山登り 遭難
nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 18

コメント 10

のら人

金沢では、弁当忘れても傘忘れるな、だそうです。^^
それ程雨が多い。
春先の北アルプスとかでいわゆる初級者中高年が4爪アイゼンで「いけるだろう」と勝手に判断し、結局滑落等は良くある判断ミスであり、最終的には一段、否二段階上の用心深さが命を繋げる事になるのでしょう。
弁当忘れてもアイゼン(それも爪の沢山付いた)忘れるな。
また、大キレット等の岩場でストックを仕舞わない輩がいます。
面倒でも仕舞いなさい! ^^
その他たくさんありますが、基本が甘ちゃんなんです。
世界的に見ても日本人は非常に幼稚です。そこから派生してますね。
by のら人 (2017-08-31 08:43) 

伊閣蝶

のら人さん、こんにちは。
金沢のお話は初耳ですが、なるほど、です。
春先の北アルプスに向かうのに四本爪アイゼンとか大キレットの岩場にストックそのままに向かうとか、にわかには信じられません。
いつも思うのですが、山での迂闊な行動は生命すらも危うくさせるという基本を理解していない人が多すぎます。
何人かの山仲間を山で失った経験のある私からすれば、本当に眩暈がする思いです。
by 伊閣蝶 (2017-08-31 12:25) 

夏炉冬扇

どうかなぁ、と思います。
やっと朝晩が過ごしやすくなりました。
by 夏炉冬扇 (2017-08-31 19:06) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
御地でも秋めいてきておられるようですね。
こちらでは10月並の気温となっています。

by 伊閣蝶 (2017-08-31 22:28) 

tochimochi

昔はリーダーの責任が絶対的に言われていましたが、今は自己責任という言葉をよく聞きます。
確かにメンバーの力量も様々ですからリーダーに全責任を負わせるのはどうかなぁ、とは思っていました。
単独行の場合はまさに自己責任ですから事前の準備が重要になります。ただ地図読みに関してはGPSが普及してしまったおかげで殆どしなくなってしまいました。
これは反省しなければと思っていますが、なかなか難しいです ^^;

by tochimochi (2017-08-31 23:13) 

Jetstream

記事拝見し同感、そういう私も場数は踏んでますが一人で登ってるんで所詮初級者の域を抜け出せないままです。地図読みも自信ありませんがGPSとスマホに地図を入れて予備バッテリーは携行します。単独行が故に臆病なんで準備と警戒は怠らないようにしてるつもりです。先月末の幌尻岳の事故、みなさんベテランのようですが過信とはやる気持ちでしょうね。無理して下山してしまったようです。特に遠出の山行は余裕をみないと危ないですね。他山の石とします。
by Jetstream (2017-09-01 11:55) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんにちは。
仰る通り、以前のリーダーの統制直下サブリーダー以下は整然と行動する、というパターンはほとんど見られなくなりました。
リーダーそのものが曖昧というパーティはかりを見かけます。不測の事態を想定しているのだろうかと、他事ながら気になりますが、それ以上に、不用意な単独行者には背筋が寒くなります。
地図は、私も国土地理院の地図を購入することは全くなくなり、「うぉっ地図」で必要な個所を貼り合わせ、それに様々な情報を書き込んで使っています。
GPSについてはまだ全く真価を発揮させておりません(^_^;
by 伊閣蝶 (2017-09-01 12:38) 

伊閣蝶

Jetstreamさん、こんにちは。
私もメインは単独行ですので、仰る通り事前の調査と準備は怠らないように気を付けています。
それでも不測の事態は起きますから、やはり場数は必要なのでしょう。
幌尻岳の遭難。あの状況で下山を強行したのは、やはり遠出の遠征からくる日程の都合なのでしょう。
後から考えれば、そんなことで命を落とすなんて!ということはいえますが、その場にいる人たち全員がそうした正常な判断を下せるのか疑問です。
ベテランということですが、例えば水量の多い沢登りなどを経験されていたのかという疑問も残りました。
残置スリングが怪しくなっている懸垂下降点で、新たに自分のスリングと安全環付カラビナできちんとした支点を作ることを惜しみ、その残置スリングを使って懸垂下降をして亡くなった人の話を聞いたことがあります。
カネとか時間的都合などが命よりも優先されてしまう錯誤。それが山では往々にして起こるようです。

by 伊閣蝶 (2017-09-01 12:49) 

ぼんぼちぼちぼち

地図もコンパスも持たずに山歩き、絶句です。
最低限の常識というものがあると思います。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-05 11:35) 

伊閣蝶

ぼんぼちぼちぼちさん、こんにちは。
山の中には街燈もなく、何かあってもタクシーや救急車を呼ぶこともできない。
つまりは全てのことをわが身ひとつで解決しなければならない場所である、と認識することが基本なのだろうと思います(だから地図やコンパスが必要なのです)。
便利な下界の常識は通用しません。そのことに想いが及ばないことに、やはり危惧を感じますね。
by 伊閣蝶 (2017-09-05 12:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。