So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

晩秋の入笠山 [山登り]

10月も終わりに近づき、秋も深まってきた感があります。
高峰は徐々に雪化粧を施しており、山は晩秋から初冬の趣といったところでしょう。

この夏、入笠山に案内した友人たちから、「是非ともビーフシチューを食べたい!」とのオファーがあり、マナスル山荘本館に再来しました。

前回、時間の都合で歩けなかったテイ沢から大阿原湿原を回る周回コースを、今回は高座岩に立ち寄って、紅葉を楽しもう、というものです。

比較的落ち着いたお天気が続いていましたが、土曜日の朝はあいにくの雨。
しかし、そのおかげもあってか、週末の中央道にしては目立った渋滞もなく、快適に走ります。
と思ったら、甲府南と甲府昭和の間で事故が発生し、2km・30分という渋滞にはまってしまいました。

それでも10時前にはマナスル山荘に着くことができ、宿泊とお昼のビーフシチューを予約して、小雨の降る中を長谷村につながる入笠山林道を歩き始めます。
お昼ご飯のサービスは14時30分までとのことでしたが、まあ、時間的には余裕だろうと高を括っておりました。

林道わきの樹々にかかるサルオガセです。
2018nyu-01.jpg
これほどに育っているサルオガセを見るのは久しぶりで、思わず目を見張ってしまいました。

紅葉もだいぶ進んでいました。
2018nyu-02.jpg

しばらく行くと、「南無入笠観世音」と書かれた石碑がありました。
2018nyu-03.jpg
登って行って確かめると、蛇をかたどったレリーフが祭られています。
縁起を読むと、昭和38年当時、この小黒川林道の工事を実施していた自衛隊員の夢枕に観世音菩薩が立ち「ここは私(観世音菩薩)が治めた地である。土を掘り起こし、私の神体である白蛇の姿を認めたなら粗略に扱わないように」といった趣旨のお告げがあった由。
そのお告げの通り、掘り起こした土中からこの白蛇のレリーフが出てきたので、工事や山里の安全祈願のために手厚く祀ったのである、とのこと。

小黒川林道は現在補修工事をしているようで、途中から車は通行止めになっていました。
30年位前に、この林道を車で走って戸台に向かい、甲斐駒に登ったことがあるのですが、その当時も、車で走るのには厳しい道でした。

法華道への分岐を見送り、林道の左側に小黒川が流れ、静かな林道歩きを続けていると、右に高座岩への指導票を見つけました。
2018nyu-07.jpg

濡れて滑りやすい急登を稼ぐと林道に出て、そこにも指導票がありました。
「高座岩・法華道」と書かれた矢印の方向を、林道の先と勝手に思い込み、そのまま林道をたどってしまいました。
25000分の1の地形図には載っていない林道なので、法華道に続くのだと勘違いしてしまったようです。
左側に下る林道を二本やり過ごして緩やかな登りに転じてしばらくしたところで行き止まり。
右上に大岩があったので、あれを回り込むのかと、クマザサの藪の中を強引に登りますが、大岩の周辺で藪はさらに濃くなってしまいました。
どう考えても間違っていると思い、先ほどの指導票まで引き返しました。

注意深く、左側の尾根に至る踏み後を探しながら歩くと、何本かのタラノ木が紅葉しています。
2018nyu-04.jpg
タラの芽の一本残しはちゃんと守られているんだなと、ちょっと感慨深くなりました。

さて、指導票のところまで戻って周囲を見ると、少し後ろに下がったところに右の尾根に回り込みながら登る踏み後がありました。
指導票では右の矢印になっていたので、完全に私の思い違いです。

踏み後に従って登ると、法華道に出ました。
2018nyu-05.jpg

そこから一登りで高座岩につきます。
日蓮宗の僧である日朝上人が、見晴らしの良い岩峰を定めてそこで法華経の教えを講じたとされるところで、法華道の由来もそこからきているのでしょう。
眼前には木曽山脈が望まれます。
2018nyu-06.jpg

私の勝手な思い違いのせいで、大変な道草を食ってしまいました。

小黒川林道に戻ってしばらく歩くと、橋を渡り小黒川を右に見るようになります。
そこからしばらくで、テイ沢分岐。
2018nyu-08.jpg

25000分の1の地形図では、左側の尾根に登って大きく高巻く道が書かれていますが、実際には沢沿いに右岸・左岸とわたり返しながら進みます。
2018nyu-10.jpg

透明度の高い穏やかな流れの中には魚影もあり、紅葉した樹々も相俟って、実に好もしい散策路となっていました。
2018nyu-09.jpg
もちろん、沢沿いの道ですから、足場の悪いところや岩をへつる部分も時折出てきますが、いずれも何ということもなく進めます。

いくつかの橋を渡った時、獲物に出くわしました。
2018nyu-11.jpg
誠に見事なもので、まさかこんなところに群生しているとは思いもせず、早速、ザックの中から行動食を入れていたポリ袋を出して、行動食を他に移したのち、獲物を少しばかり採取しました。

思わぬ余禄に頬を緩ませて歩いていくと、視界が開けて源頭の趣です。
2018nyu-12.jpg

左側に威圧的な岩がそびえていました。
2018nyu-13.jpg

大阿原湿原はクサモジミの最盛期。
2018nyu-14.jpg
白樺の樹が点々とし、紅葉したカラマツが黄金色に輝いています。

大阿原湿原を後にして、車道をマナスル山荘に向かう道すがら、八ヶ岳方面の展望ポイントから富士山を眺めました。
2018nyu-15.jpg

八ヶ岳の頂稜には雲がかかっています。
2018nyu-16.jpg

マナスル山荘では、年に四回、ジャズのライブ演奏会を開いています。

今夜はたまたまその日に当たり、テナーサックスのジェントル山本さんをリーダーに、ベース:広目亮さん、ギター:矢羽佳佑さん、のお三方によるジャズトリオの演奏を楽しむことができました。
2018nyu-18.jpg
ジェントル山本さんは、近々修行のためニューオーリンズに渡米するそうですが、彼はもちろん、あとのお二方も素晴らしい実力の持ち主で、お酒を飲みながら、久しぶりのジャズの生演奏を楽しむことができました。
「いそしぎ」などのポピュラーな曲における丁寧な編曲とアドリブの素晴らしさも忘れがたいものでしたが、何といってもウェス・モンゴメリーの「フル・ハウス」には痺れました。
この歴史的な超絶ライブのCDを私も所持していますが、久しぶりにその感動がよみがえる心地がしたものです。

演奏の合間、あまりにも月がきれいなので、八ヶ岳展望所まで散歩に出かけてきました。
富士見町はそれほど規模の大きな街ではありませんが、それなりに夜景もきれいに見えます。
2018nyu-17.jpg
なかなか幻想的で、いい酔い覚ましになりました。

翌朝、5時前に起きて身支度を整え、入笠山山頂を目指します。
もちろん、「ご来光」を見るためです。

日の出は6時過ぎと見込み、5時前に起床。
5時15分くらいに山荘を出ました。

入笠山山頂での雲海は、恐らく麓も冷え込んでいるからでしょう、一部分しか起きていないようです。
2018nyu-19.jpg

10月の終わりの山頂は、風はないもののさすがに底冷えがします。

6時を回るころ、金峰山の右側が金色になってきました。
2018nyu-20.jpg

ご来光です。
2018nyu-21.jpg
この景色はいつ見ても嬉しくなりますね。
陽が昇ると、ありがたいことに体が暖かくなってきました。
太陽の光のすごさに圧倒されてしまいます。

朝の光の中の富士山です。
2018nyu-22.jpg

入笠山の山頂にはたくさんの人たちがいました。
2018nyu-23.jpg

槍・穂高連峰も朝日に輝いています。
2018nyu-24.jpg
さすがに冠雪していますね。

木曽山脈です。
2018nyu-25.jpg
カラマツが朝日に輝いています。

仙丈岳・鋸岳・甲斐駒・北岳・鳳凰三山などです。
2018nyu-26.jpg

荘厳な眺めをたっぷり楽しみ、下山しました。

ひかげの斜面は霜で真っ白けです。
2018nyu-27.jpg

山荘で、ボリュームたっぷりの朝食を頂き、今回も大満足で帰途につきました。

そうそう、例の獲物ですが、帰宅して早速汚れなどを取り、酒とみりんと醤油で煮びたしにして、大根おろしをかけて食べました。
体調のすぐれない連れ合いを気遣って、実家から連れ合いの妹が来てくれていたのですが、二人とも、「あたるといやだから」といって食べません。
野生のエノキダケなんて、そうそうは見つからないんだぞ、と勢い込んだのですが、どうも信用してもらえないようです。
結局私一人が、市販のもやし・エノキとは全く別物の、薫り高く歯ごたえの素敵なエノキダケの煮びたしを楽しんだのでした。

nice!(20)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

nice! 20

コメント 12

tochimochi

またマナスル山荘に出かけられたのですね。
前回の記事でコスパ抜群を味わった方にはアンコールは当然だったのでしょう。
高座岩途中の紅葉もいい具合です。
年4回のジャズ演奏もグッドタイミングで聞けてまた思い出の山荘となりましたね。
さらに入笠山でのご来光も感動的です。
天然のエノキタケは香りも歯ごたえもあるのですね。
スーパーでしか見たことが無いのでびっくりです。

by tochimochi (2018-10-30 20:46) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんばんは。
友人たちはすっかり味をしめてしまったようで、こんどはスノーハイクに挑戦したい、などと言っております。
まあ、そんなふうに地元の山のファンになってくれるのは嬉しいものですが。
ジャズのライブ演奏は、想定しておりませんでしたので嬉しい誤算でした。
年に4回くらい実施しているとのことですから、また出かけてみようかなと思っています。
野生のエノキダケに出会えたのは、これも想定外でしたので思わず小躍りしてしまいました。
美味しいキノコですから、是非とも採取を試みて下さい。

by 伊閣蝶 (2018-10-30 23:24) 

のら人

想定していなかった、ジャズライブは嬉しいですね。^^
ビーフシチューをはじめ美味しい食事と、山の景色最高です。
更には、エノキ。
ナメコよりも相当発見が難しいので貴重品ですね。
野生のエノキはMY5本の指に入る程の菌です。旨さ別格!です。^^

by のら人 (2018-10-31 05:53) 

夏炉冬扇

パソコンやっと交換しました。
獲物の名前はナニタケてすかね。
by 夏炉冬扇 (2018-10-31 12:59) 

ぼんぼちぼちぼち

わ!霜がこんなに真っ白に!
もうそんな季節なのでやすなぁ(◎o◎)しみじみ
by ぼんぼちぼちぼち (2018-10-31 20:47) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
ジャズライブは嬉しいハプニングでした。
もともとオーナーの人柄もあって大変雰囲気のいい山小屋ですが、さらにポイントアップです。
エノキダケ。
仰る通り、なかなか見かけることがなかったので、さすがに欣喜雀躍しました。
のら人さんの5本指に入るとのことで、これも強く共感します。
これを肴に飲む清酒は格別でした。
by 伊閣蝶 (2018-10-31 21:34) 

伊閣蝶

夏炉冬扇さん、こんばんは。
PC、新しくお買い求めとのことで、大変でした。
でもこれで解決ですね。
獲物はエノキダケです。
by 伊閣蝶 (2018-10-31 21:36) 

伊閣蝶

ぼんぼちぼちぼちさん、こんばんは。
入笠山は2000m近い高度がありますから、もう初冬です。
もう11月。秋も深まってきました。

by 伊閣蝶 (2018-10-31 21:39) 

九子

美しい山々の秋を本当にたくさん、有難うございました。
山のすぐそばに住んでいるのに、ここんとこ紅葉見になど行ってませんでした。(^^;;
by 九子 (2018-11-01 21:20) 

Jetstream

マナスル山荘は飲み放題コースもあるとのことですが、山で飲み放題はいいですね。看板のビーフシチューもあるし、一度行ってみたいです。展望もいいし、がつがつ登ることもない超お得ですね。!(^^)!
エノキダケ、信用されてもらえなかったですか。(笑)
by Jetstream (2018-11-01 21:22) 

伊閣蝶

九子さん、こんばんは。
私も実家にいた頃は、ことさら紅葉を見に行くようなことはありませんでした。
実家を離れてから気付く価値、というものもきっとあるのでしょう。
こちらこそありがとうございました。

by 伊閣蝶 (2018-11-03 21:40) 

伊閣蝶

Jetstreamさん、こんばんは。
マナスル山荘の売りは、私たちのような左党にとっては「飲み放題」にあります。
今回も堪能しましたが、ジャズのライブがあったのでちょっと控えめでした。
ビーフシチューも本当に美味しいので、是非ともお訪ね下さい。
エノキダケ、全く信用されませんでした。悲しいことです。

by 伊閣蝶 (2018-11-03 21:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。