So-net無料ブログ作成

ブルックナーとブラームス [音楽]

冬に戻ったような気温となりましたが、そのおかげで桜の花は散らずに残っています。
私の職場近くの桜坂は、その名にふさわしい桜の花が盛りとなりました。
2019sakura01.jpg
2019sakura02.jpg

ブルックナーとブラームス。

しばしば対蹠的な関係として取り上げられますが、両者の残した音楽のいずれも大好きな私としては、どうもそのあたりに居心地の悪さを感じてしまいます。

これは恐らく、ワーグナーとハンスリックとの間の対立・反目が引き起こしたものではないかと思われ、ブラームスとしては自分の熱烈な支持者であるハンスリックの手前、ブルックナーの音楽を公式に認めるわけにはいかなかったのでしょう。
ハンスリックはワーグナーとその信奉者(ブルックナーなど)を徹底的に批判し、ブラームスを高く評価して擁護しましたが、当のブラームスとワーグナーは、ある点ではお互いに認め合っていたそうですから、偏屈者の評論家の存在は、今も昔も鬱陶しいものであったのかもしれません。

交響曲というジャンルから見てみれば、両者とも4楽章制を墨守しており(ブルックナーの9番は3楽章ですが、これは未完ゆえのことであり、本来は4楽章の交響曲としての完成を目指していたのは周知のとおりです)、両端楽章にソナタ形式かそれに類する重厚な楽想を置いて、第2楽章に緩徐楽章を配置するという、古典的な交響曲の形式に則っています。
ブルックナーの8番と9番は第3楽章に緩徐楽章を持ってきておりますが、これはベートーヴェンの9番に倣っているようにも思われます。

いずれにしても、交響曲の三大B(という言葉があるかどうかは不明ですが、ベートーヴェン、ブルックナー、ブラームス)の中で、ベートーヴェンを崇拝した両者が、「田園」の5楽章制とか「第九」の声楽導入といったような方向性を採ることなく、古典的な形式にこだわった点では、きわめて近似的な印書を受けてしまいます。

因みに「田園」はその後の交響詩方向(標題音楽)へ、「第九」はマーラーによって徹底的に巨大化が試みられます(ワーグナーの楽劇も、原点は第九にありそうな気もします)。

しかし、両者の音楽は大きく異なっています。

ブルックナーはいつ果てるともしれない高山の延々たる山脈を想起させ、ブラームスは堅固に凝縮された構造物を目の当たりにするような感覚を湧きあがらせます。
これを、両者の個人的な気質の違いに帰結させるのは常套と思いますが、私はそこに、オーストリアとドイツとの違いを感じてしまう。
これはもしかすると、カトリックとプロテスタントとの違い、ということもあるのかもしれません。

シューベルトもそうですが、オーストリア人の音楽では主題の反復がカタルシスに至るまで繰り返され、それこそ延々と続く印象があります。
「疾走する悲しみ」などと表現されることもあるモーツァルトの交響曲第40番。
ブリテンは、この曲における繰り返しの指定を忠実に再現したレコードを残していますが、これは実に考えさせられる演奏で、駆け抜けるように演奏されることの多かったこの曲の本来の響きがどのようなものであったかを知ることができます。
いうまでもなくモーツァルトもオーストリア人でありましたから、同様の感性を持っていたのではないでしょうか。

延々と続くかのような主題の繰り返しと、ほかの交響曲などからの引用も含めた壮大な念押しコーダ。
これはブルックナーの交響曲の大きな特徴であり、現在ではそれを美点として評価されていますが、ブルックナーの存命中は、それを欠点ととらえ、弟子たちによる「改訂」が猖獗を極めたわけです。

「本当に必要な音符しかモーツァルトは書かなかった」として、自分はともすれば無駄な音符を書きすぎると自身を戒め、徹底的な推敲を重ねたというブラームス。
無駄な音は一音たりとも許さず、納得のいかない作品や習作的なものは完全に破棄したといいます。
以前にも書いたことがあると思いますが、頭の中にある主題が浮かんだ時、いったんはそれを封じ込めるためにほかの仕事などに熱中し、ひと月くらい経ってなおかつその主題が頭の中から去らなかったときにはじめて使うことを考える、というほど、厳しい態度で作曲に臨んでいたのだそうです。

そうしたブラームスからすれば、ブルックナーの音楽は主題を次から次へと野放図に紡ぎだす我慢のならないシロモノと思えたのかもしれません。
オルガン奏者としてのブルックナーを高く評価し、ウィーン大学などでの音楽理論の講義についても、特にその対位法などに関しては肯定的に受け止めていたらしいのですが、彼の交響曲については「内容が全くなく徒にこけおどかしの大きさを持った交響曲の化け物」という評価を下し、認めませんでした。
ただ、これにも様々な見方が存在するようで、ブルックナーのような創作態度を才能のない人間が軽々に真似ることを戒めるという意図もあったらしく、仮にそうであるとすれば至極ご尤もな見解ともいえましょう。
因みに、ブルックナーの第6番が1883年にムジークフェラインザールで初演された折(ただし、第2・3楽章のみ)、聴衆からは絶大なる拍手が沸き起こりましたが、ブラームスもその観客たちとともに拍手を送ったそうです(例のハンスリックは冷淡だったようですが)。

同じドイツ語圏であることから、なんとなくドイツとオーストリアを同一視してしまう嫌いが私にはありますが、その成り立ちなどからみると国民性にはかなりの違いがあるようです。
ハプスブルグ家とメディチ家は、ヨーロッパの文明や芸術を語る上でやはり閑却できない存在ですが、考えてみればオーストリアも神聖ローマ帝国の流れを汲んでいるわけで、その意味では同根なのかもしれませんね。
15年以上前のことですが、たまたま職場で欧州各国の話をしていた時に、うらやましいとは思いつつも日本人には真似のできないこととして、私は「そういえばイタリアにおいて何よりも大切なのはmangiare(食べること)cantare(歌うこと)amore(愛すること)の三つで、これを聞いた時には驚きました」という話題を提供したことがあります。
すると、ドイツでの勤務経験のある上司がその話を受け取り「それはオーストリアも全く同じだ」と述べたのです。
そして、ハプスブルク家とメディチ家の話で、その場はしばし盛り上がったのでした。
nice!(18)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

nice! 18

コメント 10

のら人

都内の桜も散り始めましたが、週末までなんとか持ちそうですね。^^
自分はポツンと生えている山桜が好きです。
by のら人 (2019-04-05 08:26) 

tochimochi

冬のような寒さもやっと去り、今日は温かい日でした。
こちらでは桜も今日、満開となりました。
欧州の人々の生活習慣は日本とはかなり違うのでしょうね。
政治も含めて日本の堅苦しさを憂いてます。
by tochimochi (2019-04-05 21:39) 

Jetstream

私は平成最後の花見、いつも通り山麓の桜巡りをしてきました。!(^^)! ドイツに5年近く住んでいたんですが、たまにオーストリアに旅行すると芸術は秀でてるように感じました。それぞれの国の良さがありますね。
by Jetstream (2019-04-07 21:15) 

伊閣蝶

のら人さん、こんばんは。
ソメイヨシノは花が終わり若葉が出てきております。
桜はそもそも自然界では群生しないものですから、私も山の中にぽつんと咲く山桜が好みです。
by 伊閣蝶 (2019-04-09 23:20) 

伊閣蝶

tochimochiさん、こんばんは。
桜の花は、こちらではもう終わりに近づいております。
欧州の人たちは、やはり個人の想いを大切にするという印象があります。
同調圧力の強い日本とはだいぶ考え方が違うようですね。
by 伊閣蝶 (2019-04-09 23:23) 

伊閣蝶

Jetstreamさん、こんばんは。
ドイツに五年間もお住いでしたか!
私は仕事の出張で訪れただけですので、羨ましい限りです。
オーストリアなどを見ると、西洋芸術の奥深さをしみじみと感じますね。

by 伊閣蝶 (2019-04-09 23:26) 

ヒロノミン

 たいへん興味深い記事でした。
 ドイツのオーケストラで長年、常任指揮者をされていた、ある指揮者の方が、ブラームスとブルックナー、マーラーのシンフォニーの違いについて、ブラームスは国際色豊かな港町の出身で、神戸の人のように「ハンブルク人」としてのアイデンティティが強く、色々な文化を内面に取り入れつつ、自己の作品を俯瞰的に見ながら様々な要素を統合して作品を作った。ブルックナーはオーストリアの森深い田舎の出身で、神の創造物としての自然に共感を持ち、自己の内面に深く分け入るような作品を創った、と言われていました。でも、イタリアとオーストリアの気質の共通性など、切り口によって見方が変わりますね。
 ブルックナーは20世紀の録音芸術の登場で、何度も繰り返し聴かれることで、その作品の奥深さに触れることができるようになったことが大きいのではないかと思います。
by ヒロノミン (2019-04-13 21:36) 

伊閣蝶

ヒロノミンVさん、こんばんは。
なるほど、さすがにプロである指揮者の方の分析は説得力がありますね。
仰る点はさすがと思いました。
ハンブルグなど、北海やバルト海に面した港町の風景は、例えば地中海などとは全く異なるものと思われます。あのたたずまいの中から、なんだか交響曲第3番の第3楽章のテーマが聞こえてくるようですね。
また、録音技術の発展で繰り返し聴けるようになったことによってブルックナーの音楽の真価が伝わったという点も同意します。
私はブルックナーの音楽における和声の重層的な展開に心を奪われますが、繰り返し聴くことによってそれを深く理解することができるようになりました。
そういう聴衆が多くなってきたということもあるのではないでしょうか。
by 伊閣蝶 (2019-04-16 23:49) 

ムース

私は最近ブラームスの室内楽を良く聴きます。昔は辛気臭い作曲家でどちらかというと敬遠気味だったのですが、最近はブラームスの楽曲が一音の無駄なく精緻に構成されていて、その滋味深さが心地よいのです。年を取ったということか。ブルックナーも嫌いではないですが、最近は9番しか聴かなくなりました。主題を野放図に紡ぎだすというのは作風の違いということでしょうね。
by ムース (2019-05-09 11:26) 

伊閣蝶

ムースさん、こんばんは。
ブラームスの真髄は室内楽にある、という人がたくさんいたりします。
私も、ブラームスの中でいちばん好きなのはクラリネット五重奏曲だったりしますから、その気持ちは本当に良く分かります。
考えてみれば、ブーテーヴェン以降で、これだけの室内楽を送り出した作曲家は希有な存在だったのではないでしょうか。

by 伊閣蝶 (2019-05-12 22:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。